Home  |  All  |  Log in  |  RSS

甘ちゃんアマチュア探偵団

情報化が模倣犯罪、劇場型犯罪を助長しているなら、犯罪抑止、犯罪摘発も、精度の高い情報がすべて。このブログは、人間通を自負するコピーライター東仙坊が迅速な犯人検挙のために、人間的プロファイリングをするものである。

真実イチロー フェイクニュースの「シアトル・タイムズ」などに負けるなイチロー!!!


In the Seattle Times there must be editorial stupid reporters who decide that there are only sports idiots such as athletes(シアトル・タイムズには、アスリートなどスポーツバカしかいないと決めつける学歴バカの記者どもが揃っている)!

東仙坊、なぜ、今、イチローの今シーズンの現役ペンディングの発表なのか?
しかも、チームは30試合を消化して、異例のトップと1ゲーム以内の好位置だというのに…。
イチロー効果は、すでに紛れなくあったのでは?
住宅バブルの始まっている落ち目のシアトル、そして、観客減に歯止めのかからぬシアトル・マリナーズ…。
そのうえ、メチャクチャ商売下手のシアトル・マリナーズ…。
それはそうである。
世界中の趨勢に従い、無知蒙昧なポピュリズムを煽動するフェイクニュースの権化のようなシアトル・タイムズがあるのだから、もともとMLBプレーオフ不出場記録を更新し続けるシアトル・マリナーズが強くなるはずもナシ。
何しろ、野球音痴の学歴バカぞろいの低俗な日刊紙。
何も野球のことについての見識もないのにいつも首脳陣批判や選手批判に明け暮れ。
その典型的なものが、「20代の選手ではなく44歳のベテランが外れるべき!!!」とひたすら年齢によるイチロー批判を行う非論理的な新聞。
しかも、その意図は、ただただイチローをクビにしろ!!!というだけの奇っ怪なもの。
それゆえ、今回も、あくまでイチローを25人枠から外せ!、そして、トレードかマイナー契約か退団させろ!とやたら感情的。
しかしながら、高齢のイチローとしか扱わぬMLBでは、メチャクチャ悔しいことに、トレードによる他球団とのメジャー契約はその可能性がかなり低いのが、現実。
となると、イチローにとって、退団するしか選択肢はナシ。
それでは、サプアのような、もしくは、サプアの勢力がバックにいるシアトル・タイムズの思うツボ。
そこで、スマートなGM、ジェリー・ディポトに本気で期待。
何しろ、コヤツ、1989年のドラフトでクリーブランド・インディアンスから3巡目指名され、1993年MLBデビュー。
1994年シーズン終了後のトレードでニューヨーク・メッツに移籍。
1996年シーズン終了後のトレードで、コロラド・ロッキーズに移籍。
と、ひたすら選手としては裏街道。
ところが、2003年ボストン・レッドソックスのスカウトに就任すると、2004年レッドソックスがワールドシリーズ制覇。
そのおかげで、2005年コロラド・ロッキーズのスカウト部長就任、ダイヤモンドバックスのスカウト兼選手人事部長就任。
2011年、ロサンゼルス・エンゼルス・オブ・アナハイムのGM就任。
2015年ボストン・レッドソックスの顧問就任
2015年シアトル・マリナーズのGMに就任。
そして、エンジェルスのGM補佐だった監督経験のないスコット・サービアスを監督に起用。
ちなみに、コヤツ、1994年甲状腺ガンの手術を受け幸運にも克服しているとか。
ともあれ、このGMは、かつて野球殿堂入りが確実なフランチャイズ・プレーヤーだったケン・グリフィーjrを2010年シーズン途中で退団させてしまった愚を再び犯したくないはず。
そのときだって、2009年、やはりチームの功労者だった彼とと契約したものの不振に陥るとシアトル・タイムズに徹底攻撃され、引退試合どころか引退会見すらないまま追い出すことになってしまったはず。
そう、アホ丸出しの稼ぎ下手。
そこで、シアトルのマスメディア挙げての「イチローをクビにしろ!!!」の大合唱を黙らせ、何とかシアトル・マリナーズの17年ぶりのプレーオフ進出と来年の東京ドームでの開幕戦ボロ儲けを成功させるために考案した苦肉の策、それがイチローの会長付特別アドバイザー就任。
だとするならば、今シーズン選手として出場することがないと宣言したことだけは余計だったのでは?
そう、一向によくならないベン・ギャメルの調子の問題だけでなく、熾烈なプレーオフ進出争いにおけるイチローの本物の力が必要になるのでは?
どうあれ、サプアのニンニク臭い金の目が眩んだシアトル・タイムズやシアトルのマスメディア関係者どもは、万死に値すると思うが…。
えっ、シアトルって、そんな街なのか?って?
スターバックス、タリーズ、シアトルズベストの3大コーヒーチェーンがなぜ生まれたの?
それぞれがそれぞれに一過言を持ち、自分のことを棚に上げ人のことを非難する、ジコチュウがやたら多いということ。
それでいて、誰もがコーヒーが好きと勝手に思い込んでいる勘違いが多いということ。
東仙坊、それもこれも、白人がやたら多いうえ、奇妙なほどサプアやロシアの影響を受けているせいと結論しているのだが、どうだろう?

For some reason, conservative racists must be gathered at the harbor town full of slope called Seattle(シアトルという坂だらけの港町には、保守的な人種差別主義者たちがなぜか集まっている)!

To be continued...
















profile

東仙坊 


人間通の東仙坊が、人間の弱気と恥ずかしい業が生む、情けなくてみっともない犯行を、徹底的に追及、究明。

■東仙坊 公式サイト■


■Mail■
ご意見・ご感想など
東仙坊へのメールはこちらから

■Link■
まさに介護は悔悟。
Kaigo Kaigo 会合リポート

最近の記事
カテゴリーリスト
カテゴリー
カレンダー
04 | 2018/05 | 06
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
月別アーカイブ
QRコード
QRコード
COUNTER
ブログ内検索
リンク
RSSフィード