Home  |  All  |  Log in  |  RSS

甘ちゃんアマチュア探偵団

情報化が模倣犯罪、劇場型犯罪を助長しているなら、犯罪抑止、犯罪摘発も、精度の高い情報がすべて。このブログは、人間通を自負するコピーライター東仙坊が迅速な犯人検挙のために、人間的プロファイリングをするものである。

恒久不変な日本砂漠-12 我が国の公益法人なるスポーツ協会と悪魔どもとの境界線!?

Why doesn't the mass media in Japan condemn the SUMO Association as ineligible as a public benefit corporation(なぜ我が国のマスメディアは、SUMO協会が公益法人として不適格だと糾弾しないのか)?

公益法人…。
社会公共の利益を目的とする事業(?)を行う法人ということ。
ということは、間違いなく営業利益、すなわち、「営利」を目的としない法人のこと。
では、我が国のスポーツ組織団体がなぜ安直にその公益法人の認定を受けられるのか?
まさか「営利」を目的としていないとでも言うのではあるまいな?
確かに、スポーツは国民の関心を引き、感動を与えてくれる面があることはある。
平和ボケの世界一のお人好し国民である我が国民には、自分で培うしかないはずの勇気まで与えてもらえるという人も多いようである。
それゆえ、スポーツ組織団体が、それなりに社会公共の利益に貢献しているとムリヤリ考えることはできないこともない。
では、どうすれば、公益法人になれるのか?
大きなターニングポイントは、公益法人制度改革。
2008年公益法人制度改革3法(一般社団法人・一般財団法人に関する法律、公益社団法人・公益財団法人の認定等に関する法律、一般社団法人・一般財団法人に関する法律・公益社団法人・公益財団法人の認定等に関する法律の施行に伴う関係法律の整備等に関する法律)が施行され、その公益法人認定を受ければいいだけ。
では、誰がどう認定するのか?
所管が内閣総理大臣または都道府県知事に振り分けられ、実際の審査・監督の権限は民間人合議制機関が有し、とにかく、国では内閣府公益認定等委員会がそれに当たるとか。
また、その制度改革によって、公益目的でなくても(???)非営利目的(構成員に対し利益の分配を行わない?)であれば、簡易に準則主義に従い一般社団法人や一般財団法人を設立可能になったとも。
そして、それを受けることの一番のメリットは、税制上の優遇措置を受けられること。
まあ、自分の好きなことをしてラクして稼ぎ名誉も得たいヒトたちの集まりである、スポーツ団体が、公益法人になりたがる理由も、その目的のためだけ。
さて、東仙坊、ここから、今回の本当のテーマに移る。
我が国には、「モンゴルSUMO協会」なる無知蒙昧な保育園児集団組織がある。
それが、我が国の伝統だとか、文化だとか、国技だとか、神事だとか、興行だとか、暴力礼賛集団だとか、八百長集団だとか、直近では、女人禁制だとか、かまびすしい。
その「モンゴルSUMO協会」の定款には、「我が国固有の国技である相撲道の伝統と秩序を維持し継承発展させる」とあるとか。
実際、これだけ社会的な不祥事を起こしながら、普通の法人のように責任を取って辞任しない最高責任者の何でも紙読み八角理事長、「相撲文化、ちょんまげ文化を100年先までこのようにして守っていくというのが私の考えです」とノーテンキにのたまうだけ。
つまり、あたかも国技で伝統だから公益になっているとでも豪語しているかのよう。
もっとも、「モンゴルSUMO協会」の硬い干し肉のような非課税の鐘の群がる情けなくてみっともない会友なる大バカどもや横野ナンチャラビッチなどは、ファンが多い、人気があるから、公益性があるとトンチンカンに答えているが…。
どちらにしても、ここで摩訶不思議なことが1つ。
仮にもそうなら、なぜ2014年まで公益法人の認定が受けられなかったのか?ということ。
それはそうだと思わないか?
我が国では、1898年施行の「民法」によって法人を公益法人と営利法人に分類し、公益法人については民法で設立に主務官庁の許可が必要と明確に規定されていたはず。
ということは、逆説的に、単なる「営利を目的とした興行団体」と判断されていたということなのでは?
そう、何が伝統文化だ、何が国技だ、何が非営利だだと思わないか?

There must be many money-grabbers in Japan that are dazzling from the SUMO association's non taxable money(我が国には、SUMO協会の非課税のマネーに目が眩んだ金の亡者どもがワンサカいる)!


To be continued...
profile

東仙坊 


人間通の東仙坊が、人間の弱気と恥ずかしい業が生む、情けなくてみっともない犯行を、徹底的に追及、究明。

■東仙坊 公式サイト■


■Mail■
ご意見・ご感想など
東仙坊へのメールはこちらから

■Link■
まさに介護は悔悟。
Kaigo Kaigo 会合リポート

最近の記事
カテゴリーリスト
カテゴリー
カレンダー
04 | 2018/05 | 06
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
月別アーカイブ
QRコード
QRコード
COUNTER
ブログ内検索
リンク
RSSフィード