FC2ブログ
Home  |  All  |  Log in  |  RSS

甘ちゃんアマチュア探偵団

情報化が模倣犯罪、劇場型犯罪を助長しているなら、犯罪抑止、犯罪摘発も、精度の高い情報がすべて。このブログは、人間通を自負するコピーライター東仙坊が迅速な犯人検挙のために、人間的プロファイリングをするものである。

真実イチロー フェイクニュースの「シアトル・タイムズ」などに負けるなイチロー!!!


Even though Ichiro likes Seattle, the city of Seattle and the Seattle newspaper don't like Japanese Ichiro(いくらイチローがシアトルを好きでも、シアトルという街やシアトルの新聞は日本人のイチローを好きではない)!

Ichaigagaの東仙坊、今や完全にShogaga状態。
それもこれも、シアトル・タイムズの総力を挙げての「イチローバッシング」のせいか、ビビったマリナーズがイチローをなかなか出場させないため…。
そう言えば、あのLadyGagaもただ今治療法のない難病の「線維筋痛症」だとか???
ところで、東仙坊、ついに低温のために試合中止というMLBでは前代未聞の珍事に、胸を撫で下ろしていた。
それはそうだと思わないか?
誰がどう言おうと、加齢によって応えるのは、寒さ。
44歳のうえ、痛めた右フクラハギに、寒さは難敵。
実際、いくらスタイリッシュなイチローでも、気温わずかに3℃のゲームでは、「黒いスポーツ用タイツを今回は下に履いていますけど。その程度ですけどね。太陽が隠れて風が出たらダメ。ケガをしていても、していなくても、今日はタイツを履いていますよ」と言っていたとか。
さて、そんななか、我がイチローが打った打球が不運にもマウンドの傾斜部分と投手のグラブをかすめ二塁手の守備範囲へと角度を変えた。
右フクラハギは大丈夫なのか?という不安をよそに全力疾走…!!!
やったセーフ!と叫ぶも、間一髪アウト。
すると、なんと一塁まで、3.88秒だったというから、ビックリ仰天。
確かに、2015年シーズンには、平均3.98秒、MLB5位。
そのとき、上位4選手は全て20代の若い選手だけだったというから、ハンパじゃない。
さらに、42歳シーズンの夏場には3.7秒台を連発。
イチロー自身、「3.7秒だったら、速いよね。去年より速いことは感覚的にわかっているんですけど、そんなに違うとはね」と自画自賛。
それゆえ、今年、3.88秒を出したことにも、「ほう~、そうですかぁー。それはなかなか速いですね、この時期に。だったら、これから、もっと速くなるね」と言ったとも。
それで、イヤでも思い浮かべるのが、我がイチローの父親の走塁。
二刀流どころか三刀流では?と言われているShohei Ohtaniのド下手な走塁。
日本で右足首をやっていたのに、今度はヤンキースのヘボ一塁手に気を遣って左足首を捻挫。
何で相手の足を踏まなかったんだ!!!と思わず喝。
ところで、肝心のイチロー。
久しぶりにセンター前クリーンヒットを打った後、DLからベン・ギャメルが戻ってきて、実にイヤな予感…。
案の定、翌日の4月18日、今シーズン初めての代打出場後、なぜか3試合もイチローだけ出場ナシ。
そ、そ、そうしたら、テキサス・レンジャース戦左腕のマーティン・ペレスが先発なのに、我がイチローも初めて6番ライトで先発。
第1打席、無死1、2塁で、内野安打で無死満塁にするも、後続が全くダメ。
0-1の第2打席、1死無走者 内野安打で連続出塁。
2-5の第3打席、無死無走者、四球で、3打席連続出塁。
4-5と1点差になった第4打席、1死1、2塁、四球で4打席連続出塁で1死満塁にしたのに、後続2人が連続三振。
4-7になって1死2、3塁、絶好のチャンスの第5打席、空振り三振。
東仙坊、ああ、打点を挙げてほしかったとガックシ。
というのも、売れなくなっている日刊紙の唯我独尊的勘違いマスメディアの「シアトル・タイムズ」、そのスノッブな人種差別主義
丸出しの偏狭なフェイクニュースらしく、相変わらずのベタベタの異常なイチローバッシング。
思わずサプアから金でももらっているの?と訊きたくなるほど。
おそらくマスメディアを大切に扱わないイチローの姿勢に、英語がかなり話せるのに通訳を通じてしか話そうとしないイチローの態度に、シアトルで荒稼ぎする日本人ミリオネアに、かねてから相当なヤッカミと恨みがあるご様子。

As long as Shohei Ohtani could smile like a boy you can now, you could take advantage of the people of Los Angeles(大谷翔平が今のような少年のような笑顔ができる限り、ロサンゼルスの人々を味方にできる)!

To be continued...
profile

東仙坊 


人間通の東仙坊が、人間の弱気と恥ずかしい業が生む、情けなくてみっともない犯行を、徹底的に追及、究明。

■東仙坊 公式サイト■


■Mail■
ご意見・ご感想など
東仙坊へのメールはこちらから

■Link■
まさに介護は悔悟。
Kaigo Kaigo 会合リポート

最近の記事
カテゴリーリスト
カテゴリー
カレンダー
09 | 2018/10 | 11
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -
月別アーカイブ
QRコード
QRコード
COUNTER
ブログ内検索
リンク
RSSフィード