FC2ブログ
Home  |  All  |  Log in  |  RSS

甘ちゃんアマチュア探偵団

情報化が模倣犯罪、劇場型犯罪を助長しているなら、犯罪抑止、犯罪摘発も、精度の高い情報がすべて。このブログは、人間通を自負するコピーライター東仙坊が迅速な犯人検挙のために、人間的プロファイリングをするものである。

東仙坊、残りの人生、体内で発生した津波とともに共生してゆくしかない!?


Even extremely healthy people would definitely get crazy if they are hospitalized for brain surgery ICU overnight(極めて健康な人でも一晩脳外科のICUに入院したら、間違いなく発狂する)!

東仙坊、今回の「TIA」による緊急入院でイヤというほど知らされたのが、「ICU」という特別な場所での生と死の超リアル。
正直、這ってでもすぐに逃げ出したくなっただけでなく、これなら「自裁死」を選ぶしかないと半ば覚悟したほど。
「ナースコール」すら人に迷惑をかけたくないと冷や汗をかいてガマンする人間には、それこそ、一時もそこにいられないもの。
それ以上に、そこは生と死が力任せに交差するラッシュアワーの満員通勤電車…。
誰もが、コード・ブルーを含む「電子音反応症候群(Electric Sound Reflection Syndrome;エレクトリック・サウンド・リフレクション・シンドローム? )」に感染してしまう「カッコーの巣」というよりも「エンジェルの巣(?)」のようなもの。
そして、なぜかムース状態になった焙じ茶と朝食が出てきて、東仙坊、その信頼できるヤング担当医師にひたすら移動を直訴。
なんとか大部屋に移れたものの、夜はほとんど同じ状態でショック。
そのせいか、天井をジッと睨みつけ、思わず「母さん、まだ呼ばないで!」と繰り返し懇願。
そして、一人始めたのが、自分の人生を賭けた想像の「ポーカー・テキサス・ホールデム」。
配られた自分の「ホールカード」は、「♥2」と「♥3」。
「プリフロップ」が終わり、ディーラーが、表向きに3枚のカードを「フロップ」。
現れたのは、「♠A」、「♥A」、「♦Q」。
すると、一人のプレーヤーがすでにAのワンペアを持っていてフォーカードが完成したかのように、巧妙にベットし始める。
よせばいいのに、コールしつつついてゆく、東仙坊。
やがて、「ターン」カードが開けられると、なんとそれは「♥5」。
それに運命を感じ、「オール・イン」を宣告すると、笑顔でそれを受けるAのフォーカードを完成していると思えるプレーヤー。
そして、おもむろにディーラーが、「リバー」カードを開く。
それが、「♥4」でなければ、自分の人生は終わりということになるのだが…。
果たして、そのカードは?
血液検査はもとより、CTスキャン、MRI、心エコー、頸部エコー、X線、心電図、やれる限りの検査がすむと、ヤング担当医師からのブリーフィングがあった。
禁煙、減量、高血圧症と高脂血症対策、食事療法、運動…。
ポイントは、脳梗塞を予防するか、脳出血を予防するかの相反する選択だった。
なぜかシアトル・マリナーズのユニフォームを寝間着に選んでいた、東仙坊、これ以上の医療費や入院費が加算されることに耐えられないこともあったが、このままでこの病院にいたら気が狂うとただただ退院を希望するだけだった。
とにもかくにも、東仙坊、この救急病院に、このヤング担当医師に、すべてのヤング女性看護士たちに、ヤング男性看護士たちに、敬意と称賛を送っている。
なかでも、隣のかなり若い重症患者の母親がその保育園児の孫を連れてきて、その孫に「パパ、ガンバって!」と平然と言わせていることに感謝したい。
間違いなくその父親はどんなにガンバりたくてもガンバれるような状態ではないし、おそらくそんな意識すら持てない状態のはず。
にもかかわらず、我が子にガンバれ!と言われることの何と酷なことか…。
それにただただ涙しながら、東仙坊、子どもがいなくてよかった…と心からホッとしてもいた。
どちらにしても、東仙坊、心のブラックホール-32  明日は明日のカゼイが吹く!?-1で、書き込んでいたことをしみじみ思い出している。
何のために生きているのか? いや、生きながらえているのか? 
知性を持つ摩訶不思議な存在でしかない人間として生まれ出づってしまった以上、最後までその知性の中で一人の人間として生を凝視していたいだけ。
知性を何らかのカタチで表現できる限り、凝視はできる。
その意味で、やはり、畏怖しているのは、認知症を含め脳がやられ、どんなカタチでも自分の知性でコントロールができなくなること。
そのためにも、脳梗塞、脳出血、クモ膜下出血になりたくないなと心の底から願っていたことを…。

I felt keenly that I wanted to die before I couldn't control myself anymore(改めて自分で自分をコントロールできなくなる前には死にたいと思う)!

To be continued...







































profile

東仙坊 


人間通の東仙坊が、人間の弱気と恥ずかしい業が生む、情けなくてみっともない犯行を、徹底的に追及、究明。

■東仙坊 公式サイト■


■Mail■
ご意見・ご感想など
東仙坊へのメールはこちらから

■Link■
まさに介護は悔悟。
Kaigo Kaigo 会合リポート

最近の記事
カテゴリーリスト
カテゴリー
カレンダー
07 | 2018/08 | 09
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -
月別アーカイブ
QRコード
QRコード
COUNTER
ブログ内検索
リンク
RSSフィード