FC2ブログ
Home  |  All  |  Log in  |  RSS

甘ちゃんアマチュア探偵団

情報化が模倣犯罪、劇場型犯罪を助長しているなら、犯罪抑止、犯罪摘発も、精度の高い情報がすべて。このブログは、人間通を自負するコピーライター東仙坊が迅速な犯人検挙のために、人間的プロファイリングをするものである。

恒久不変な日本砂漠-11 フェイク「平壌五輪」が撒き散らす世界へのゴミの山!?


A genuine athlete that conveys the pleasure of sports must be one in which heaven smiles naturally(スポーツの楽しさを伝えてくれる正真正銘のアスリートには、自然にお天道様が微笑むもの)!

東仙坊、今回、最も衝撃を受けたのが、中国の反応。
◎中国のポータルサイト「騰訊体育」
「まさに嵐、羽生が世界を征服した」
五輪は実際は国と国との勝負だが、本当の巨星は国籍を忘れさせる。たとえば羽生結弦のように
◎鳳凰体育
「チケットの売れ行きが低迷する平昌五輪にとって救世主になった」
「フリーの演技が終わると、ディズニーのキャラクターで羽生が好きだというプーさんのぬいぐるみが、会場からリンクに無数に投げ込まれた。66年ぶりの同種目五輪連覇は、世界にも多くのファンがいることを証明した」
「到着時の仁川国際空港には、羽生を一目見ようと多くのファンが駆けつけた。日本オリンピック委員会は、羽生のために特別態勢を敷き、冬季五輪での最高待遇を用意した。警護スタッフに囲まれる姿は、高価な宝石が運ばれる様子にも似ていた」
「会場ではわずか15分の公式練習に、100人以上の報道陣が殺到した。ニューヨーク・タイムズは特集ページを組み氷上のマイケル・ジャクソンだと賛辞を送った。羽生のファンは中国でも膨大な数がいて、卓球の福原愛以来の人気ぶりだ」
「平昌五輪の観戦チケットは昨年末時点で目標の6割しか売れていなかったが、フィギュアスケートの高額シートは完売。大会組織委は6億8000万ウォン(約6800万円)の売り上げがあったとみている。羽生は出るだけで商業的な価値も莫大だ」
◎中国国営新華社
「驚くべき技術と演技」
◎中国のポータルサイト「新浪網」
「その伝統は2015年に上海で始まった。その年の世界選手権で、羽生結弦の演技が終わった後、観客席から『プーさんの雨』が降った。壮観な光景だった」
「羽生結弦ファンが投げ入れたヌイグルミは、大きな袋10袋分を超えた」
東仙坊、一番驚愕を覚えたのが、これ。
◎実況をしていたCCTV5のスポーツ女性解説者、陳瀅が、羽生の快挙に贈った自作の漢詩。
容颜如玉 身姿如松 翩若惊鸿 婉若游龙
何でも、「その顔は宝玉のごとく、その立つ姿は松のごとく、飛ぶ姿はしなやかなオオハクチョウのようで、美しさはまるで竜が遊んでいるようだ」というような意味とか。
そのうえで、彼女は言った。
運命は勇者に囁いた、嵐には逆らえないと。勇者は囁き返した、私が嵐だと
「羽生結弦はムチを使わずとも自ら走る選手だ」
すると、解説のバンクーバー五輪フィギュアペア銀メダリストの佟健も、「オリンピックが羽生選手にとってケガ以来初めての試合であり、多くの期待を背負っていた。このプレッシャーに打ち勝つチカラには、本当に感心と尊敬の念に堪えません」と言ったとか。
そして、中国の「羽生迷(羽生ファン)」のnetの反応も。
「2022年北京冬季五輪で会いましょう。絶対に、絶対にその前に引退しないで。中国にくるのを待っています」
「おめでとう。同じ時代に生きて、あなたに会えてよかった」
「痛みに耐えて金メダルを勝ち取った姿に勇気をもらった。スケートの美に国境はない」
どうだろう?
正真正銘の成熟した人間であり、本物の大和男児である羽生結弦は、世界中の誰もが認めるところなのでは?
実際、彼は優勝後の記者会見で、「今は特に次の五輪については考えていない。そんなに甘くないのは知っている」と応えているところも、男らしいのでは?
それだけじゃない。
羽生結弦なる本物のファイターは、ソチ五輪の金メダル獲得報奨金であるJOCからの300万円やJSFからの300万円を故郷の仙台市に寄付したのをはじめ、2016年の自叙伝「蒼い」の印税総額約2000万円をかつてのホームリンク「アイスリンク仙台」に寄付したりを続けているというのでは?
そう、決して口先ではない本物のサムライでもあるのである。

The best wonder of Yuduru Hanyu must be that it is possible to shut down Chinese people(羽生結弦の一番のスバらしさは、中国人まで黙らせることができること)!

To be continued...
profile

東仙坊 


人間通の東仙坊が、人間の弱気と恥ずかしい業が生む、情けなくてみっともない犯行を、徹底的に追及、究明。

■東仙坊 公式サイト■


■Mail■
ご意見・ご感想など
東仙坊へのメールはこちらから

■Link■
まさに介護は悔悟。
Kaigo Kaigo 会合リポート

最近の記事
カテゴリーリスト
カテゴリー
カレンダー
09 | 2018/10 | 11
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -
月別アーカイブ
QRコード
QRコード
COUNTER
ブログ内検索
リンク
RSSフィード