FC2ブログ
Home  |  All  |  Log in  |  RSS

甘ちゃんアマチュア探偵団

情報化が模倣犯罪、劇場型犯罪を助長しているなら、犯罪抑止、犯罪摘発も、精度の高い情報がすべて。このブログは、人間通を自負するコピーライター東仙坊が迅速な犯人検挙のために、人間的プロファイリングをするものである。

恒久不変な日本砂漠-11 フェイク「平壌五輪」が撒き散らす世界へのゴミの山!?


The IOC with only bribes in mind must be defeating the Olympic Games to a vile thing that is far from the celebration of peace(賄賂しか頭にないIOCが、オリンピックを平和の祭典とはほど遠い下劣なものに貶めている)!

東仙坊、平壌五輪開会式のことで、最もショックを受けた話が、これ。
◆コリア・ヘラルドが、「twitter上で『サイバーパンク』という単語が飛び交った」と激賞した、開会式のハイ・サイバネティックス・テクノロジーの粋を集めたかのような未来のSFの世界のようなそのイベント。
五輪式典総監督を務める宋承桓が、サプア大会組織委員会から低予算で最大限のインパクトを出してほしいとの要請を受けたという、リハーサル期間中のスタッフの宿泊費なども含まれた当初の600億ウォン(約60億円)の予算に大会2ヵ月前に100億ウォン(約10億円)の追加された総経費約700億ウォン(約70億円)の五輪マークを形作った1218台のドローンやプロジェクションマッピングなどのファンタジー(?)…。
何でも、会場が山間部の郊外のために電源や通信ネットワークも一から構築しなければならなかったとか。
そして、客席全体にLED照明を設置し、現実とコンピューターの世界を重ね合わせた「AR(拡張現実)」を盛り込んだ映像などの制作に200億~300億ウォン(約20億~30億円)をかけたとか。
ところが、それを我が日本のオリンピックTOPスポンサーであるパナソニックが、最新の映像音響機器やプロジェクションマッピング技術を核としたソリューションをすべて提供したというから、何をかいわんや。
それだけじゃない。
体感温度がマイナス10℃前後という寒さの中、そのコントロールスタッフ約30人まで提供していたというのである。
それも、スタジアム内に「キャビン」と呼ぶ小屋を設置。
寒さで電源供給が不安定のために、ちょっとでも放置すれば「キャビン」内でさえすぐマイナス10℃。
気温0℃以下になったら機器がダメージを負ってしまうために、温度が下がりそうになったら懸命にヒーターの台数を増やして対応したとも。
いくら高輝度プロジェクターの世界のシェア50%近くを占めるからといって、なぜそこまでして陰でサプアの顔を立てるのか?
それにしても、他社製品よりサイズも重量もほぼ半分のレーザー光源で明るさを従来の1.5倍に高めた30000ルーメンクラスの高輝度と高画質をコンパクトボディで実現したプロジェクター約80台、マルチ放送規格の2MEライブスイッチャー(AV-HS6000シリーズ)、LED大型映像装置42画面(1640m²)、音響機器RAMSAブランド、マルチ動画配信システムや360度カメラ、大会映像記録機器として放送用カメラシステム「P2HD」シリーズ、AVC-ULTRA コーデック採用ハイエンドカメラレコーダー(AJ-PX5000Gシリーズ)など、世界中がサプア製、そう、「ウリジナル」と錯覚したのでは?
もっとも、開会式開始から約40分後には、各国の報道陣が宿泊するスケート競技などが行われる会場がある江陵メディア村のテレビとnet環境がダウンしたというから、やはりサプアは、所詮サプア。
どうだろう?
相変わらず我が日本ナシでは何もできないくせに反日とパクリとタカリとデタラメのサプアと言えるのでは?
それは、競技開始からおよそ1週間あまり、ますます顕著になっていているのでは?
◇IOC公式インスタグラムに映っていたスロベニア選手と語り合う日本人選手フリースタイルスキー・モーグル男子の西伸幸のかぶっていた赤と黒のニット帽。
そのスイスで買った帽子が旭日旗を連想させると批判され、彼が謝罪に追い込まれたとか。
◇「万景峰92号」が燃料提供をサプア側に要求していたが、なぜか突然要求を撤回し(???)一足先に帰国したとか。
◇我が国を裏切ってサプア企業を喧伝するロッテ百貨店が企画制作したダウンコートやスニーカーなどの「平昌シリーズ」のデザインに、「アディダス」の人気スニーカー「スタンスミス」の盗作疑惑が浮上。
◇今や完全に北の手の内にある平壌五輪。
そして、その操り人形とかした情けない興奮状態の茶髪大統領。
金ボンボンのおイモと様に、食事接待4回、USAマイク・ペンス副大統領1回、安倍晋三首相0回だったことが大袈裟に言い募られているが、やはり、ただただ異様なのは、年増ぞろいのうえ美人でないのに日韓のマスメディアがやたら「美人応援団」とか「美人音楽団」などと騒ぎ立てるその不気味な北の女性集団どもの動向。
竹島は我が祖国という替え歌を歌ったり、金日成の若いころの顔写真(?)のお面をかぶったり、ほとんどカルト的キチガイ集団。
そ、そ、それなのに、サプア統一省、サプアを訪れた北の応援団や楽団やテコンドー演武団や記者など424人(?)の宿泊費や食費など合計28億6000万ウォン(約2億9千万円)を南北協力基金から支払うことを承認したというから、こちらも負けずにキチガイ。
ちなみに、高級ホテルに滞在した金ボンボンのおイモと様など代表団の高官の宿泊費は、政府の別枠予算(???)だとか。
また、北の選手団22人の経費は、なぜか金の亡者のIOCが支払うというのだが…。

We should never forgive those rotten heads who think that they can buy anything with money, and the inner whistles that support their people in the shade(金で何でも買えると思い込む頭の腐った民族を、そして、陰でそんな民族を支える内なる国賊どもを、我々は決して許してはいけない)!

To be continued...











profile

東仙坊 


人間通の東仙坊が、人間の弱気と恥ずかしい業が生む、情けなくてみっともない犯行を、徹底的に追及、究明。

■東仙坊 公式サイト■


■Mail■
ご意見・ご感想など
東仙坊へのメールはこちらから

■Link■
まさに介護は悔悟。
Kaigo Kaigo 会合リポート

最近の記事
カテゴリーリスト
カテゴリー
カレンダー
07 | 2018/08 | 09
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -
月別アーカイブ
QRコード
QRコード
COUNTER
ブログ内検索
リンク
RSSフィード