Home  |  All  |  Log in  |  RSS

甘ちゃんアマチュア探偵団

情報化が模倣犯罪、劇場型犯罪を助長しているなら、犯罪抑止、犯罪摘発も、精度の高い情報がすべて。このブログは、人間通を自負するコピーライター東仙坊が迅速な犯人検挙のために、人間的プロファイリングをするものである。

彷徨う大和魂-43 東仙坊のシリアスな「ウチナーンチュ」考!?


Even if a male politician is ugly, it is not beautiful even to a woman's politician, the future of our country must be completely dark(オトコの政治屋が醜いのは当然だとしても、オンナの政治屋まで美しくないとは、我が国の未来は真っ暗)!

東仙坊、全く美しくも魅力もない2人の女性議員のそれぞれの辞任会見に、心の底から落胆している。
心が蕩けてしまっている女性が美しく見えないこと、魅力的に見えないことは、ごく当たり前だとしても、それでも、その議員であることに執着する醜悪さには、正直、反吐が出るほど。
なぜこんな不気味な妖怪のような女性になってしまったのか?
イヤ、誰が、何が、2人をそうさせてしまったのか?
基本的に自分に政治家としての適性や自負など微塵もないのに、その気になってしまったからだと思うが、どうだろう?
そう、単なる勘違い。
まず、蓮舫なるアンポンタンは、なぜあんな夜叉のような顔をして人のことばかりを大声で面罵できるのか?
もしかして、その中国人の血?
それとも、大声を挙げるヒトばかりが相手を凌駕しているのを見て、自分もそうしなきゃ討論で勝てないと錯覚してしまったの?
少なくとも、あれだけ人の過ちを口汚く罵ったのだから、国籍法第14条「外国の国籍を有する日本国民は、外国および日本の国籍を有することとなつたときが20歳に達する以前であるときは22歳に達するまでに、そのときが20歳に達した後であるときはその時から2年以内に、いずれかの国籍を選択しなければならない」と公選法第235条(虚偽事項の公表罪)「当選を得または得させる目的をもつて公職の候補者もしくは公職の候補者となろうとする者の身分、職業もしくは経歴、その者の政党その他の団体への所属、その者に係る候補者届出政党の候補者の届出、その者に係る参議院名簿届出政党等の届出またはその者に対する人もしくは政党その他の団体の推薦もしくは支持に関し虚偽の事項を公にした者」にほぼ抵触する過ちに対しても、最後ぐらいは大声で「自分は議員としての能力はありませんので辞職します」と言ってほしかったと思わないか?
それは、期待したからこそ余計に許し難き稲田朋美も全く同じ。
こちらは阿亀かお多福のような顔をして人のことを睨みながら小声でトンチンカンな返答ばかりするのか?
そこまで上から目線で人を見下せるだけの何の資質をお持ちなのか?
もしかして、女性を見る目がない安倍晋三首相の不思議な寵愛を受けているから?
それとも、根っからの政治のド素人いうこと?
どうあれ、こちらも、どうして自分に見切りをつけられないのか?
すぐさま議員辞職すべきだと思っているのは、東仙坊だけではあるまい。
そう、2人とも、Miss.櫻井よしこの垢でも煎じて飲めばいいのでは?
さて、本題に戻る。
東仙坊、普天間基地内に住む農民たちのこのうえない幸運について、前回書き込んだ。
そう、本来、いったん日本海軍の航空基地建設のために国に強制徴用されたはずが、敗戦によりUSA軍に占領され、そのUSA軍が基地の食糧不足のために、農民たちに地代を払うから住んでくれと懇願したうえ、その営農収入にも目を瞑ると約束してくれたのだから、農民たちの誰もが「夢じゃないよね」と頬をつねったはず。
それはそうだと思わないか?
それがなかったら、サツマイモを自給自足し、サトウキビを売る極貧に戻るしか道はなかったはず。
それも、占領したのがUSA軍(まあ、国連軍ということが幸いしただけなのだが…)でなければ、地代どころか、微々たる補償金ぐらしかもらえなかったはず。
実際、今でも、沖縄は、我が国の最低のGDPで、個人所得も最低。
にもかかわらず、その沖縄戦の悲惨さ、戦後のUSA基地負担への変な気兼ねから、USA軍も我が政府も、その二重のタダもらいを黙認。
それどころか、基地内に土地を所有する地主や基地のある市町村への支援策の一つとして、地代の値上げにできるだけ応えてきているというから、ちょっと腑に落ちないと思うのは、東仙坊だけではあるまい。
何でも、賃借料算定は周辺の土地の取引価格などを参考に評価額を定め、それを基に地主と交渉しているというのだが、どう考えても、そこに国土交通省や沖縄開発庁などの省庁益が絡んでいそうなのである。
というのも、それが民間賃料と比べても以上に高いというのである。
実際、沖縄県内の一般の土地価格の推移と比較しても、普天間基地に限らず、おおむねUSA軍施設賃借料は際立って上昇しているというから、何をかいわんや。
沖縄県庁近くの那覇市久茂地の一等地の土地価格でさえ、1998年以降ほぼ横ばいで、那覇市全体の民間家賃も、経済状況から2004年に下降局面を迎えているというのにである。
どうだろう?
メチャクチャアヤシイと思わないか?
バブル崩壊やリーマンショックや景気悪化などに無関係に、なぜ基地の地代が上昇し続けているのか?

We should recognize that there is no one, such as a person who could permanently make a profit in the world(世の中に恒久的にラクして儲けられるヒトなど一人もいないと認識すべき)!

To be continued... 












profile

東仙坊 


人間通の東仙坊が、人間の弱気と恥ずかしい業が生む、情けなくてみっともない犯行を、徹底的に追及、究明。

■東仙坊 公式サイト■


■Mail■
ご意見・ご感想など
東仙坊へのメールはこちらから

■Link■
まさに介護は悔悟。
Kaigo Kaigo 会合リポート

最近の記事
カテゴリーリスト
カテゴリー
カレンダー
08 | 2017/09 | 10
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
月別アーカイブ
QRコード
QRコード
COUNTER
ブログ内検索
リンク
RSSフィード