Home  |  All  |  Log in  |  RSS

甘ちゃんアマチュア探偵団

情報化が模倣犯罪、劇場型犯罪を助長しているなら、犯罪抑止、犯罪摘発も、精度の高い情報がすべて。このブログは、人間通を自負するコピーライター東仙坊が迅速な犯人検挙のために、人間的プロファイリングをするものである。

彷徨う大和魂-43 東仙坊のシリアスな「ウチナーンチュ」考!?


What is being done under the base relocation problem in Okinawa must be conflicts of interests of the contractors and conflicts of interests between base land owners(沖縄で基地移設問題の下で行われているのは、建設業者の利権争いと基地地主同士の権益争い)!

腐り切った自民党員らしく、何のポリシーもビジョンもないただの金の亡者の翁長雄志なるクソッタレ、そんなヤツが目につけた那覇軍港…。
コヤツが取らぬタヌキの皮算用から、その金のなる木でしかない那覇軍港に固執したのも至極当然。
柄でもなく汗をかきかき東奔西走。
政府に必死に働きかけ、1996年、USA陸軍管理の那覇軍港の浦添埠頭地区への移設条件付きでの返還を決定した「SACO最終合意」。
そして、「USAからの那覇軍港を返還」を公約に沖縄市長選に出馬し、当選。
それから、稲嶺惠一知事ともに浦添市の説得に尽力。
そのうえで、那覇軍港浦添移設容認を公約に掲げて当選させた、儀閒光男浦添市長に、2001年11月2日、正式に受け入れさせることに成功。
しかし、このクソッタレの思惑通りに、コトは運ばなくて、一人やきもき。
それはそうだと思わないか?
その1996年の「SACO最終合意」で同じく決定した、普天間飛行場返還、その代替施設として「キャンプ・シュワブ」への移設案、いわゆる「普天間基地辺野古移設」が暗礁に乗り上げるだけでなく、日本を揺るがす大問題に発展。
そのせいで、「那覇軍港浦添移設」など蚊帳の外。
コヤツ、その自民党の情けなくてみっともない対応に、イライラ。
それはそうである。
コヤツのウハウハの金勘定は、幻。
どうだろう?
コヤツの地団駄を踏む表情が見て取れるのでは?
しかし、この亡国の徒の錬金術師、そんなことでは簡単に引き下がらない。
2005年、那覇市の姉妹都市である中国福建省福州市から「名誉市民」の表彰を受けたほどの媚中派らしく、その福州市との友好都市締結30周年を記念した交流のシンボルとしての「龍柱」の設置をプラン。
それも、総事業費約2億6700万円のほとんどを沖縄振興一括交付金、つまり、日本国民の血税約2億1300万円を活用してというから、さすが本物の悪代官。
そして、工事の遅れなどに伴い一括交付金の未執行分を次年度に繰り越すことができず、大半を那覇市負担、つまり、那覇市民の血税を浪費し、最終的に総事業費約3億3300万円で2015年12月29日に完成したというから、ウヒウヒ。
そのうえ、中国産石材使用で、中国の業者が製作するという不可解なもの。
確かに、「龍」が中国皇帝の権力の象徴で、中国の冊封国では「4本爪」の「龍」で、首里城の「龍」が「4本爪」であるのと同じに今回の「龍柱」が「4本爪」であることも、ある意味、大問題。
それ以上に、我が国の血税が中国に流れることと、コヤツのポッポにいくら流れたかの方が、問題なのでは?
それだけじゃない。
「2003年度那覇都市計画マスタープラン」などいう胡散臭い計画のもとに、「松山公園周辺エリアは、久米人や久米村の歴史的重要な地域なので、歴史公園と いうコンセプトで、住民や観光客との交流センターや学習施設などを設置する」と発表。
そして、那覇市が12億円余を拠出し購入した松山公園用地の約3割を「久米崇聖会」に無償で貸与。
それも、契約も交わさないまま、無期限で借用させ、中国庭園「福州園」とともに、地域一帯を中華街化しょうとしたというから、ハンパじゃない国賊。
そのせいで、「那覇市が松山公園の一部の土地を一般社団法人『久米崇聖会』に無償提供し、『久米至誠廟』の設置を許可したことが、憲法第20条が規定した政教分離に反する。年間使用料に相当する約577万円を返還すべき」とか、「那覇市障害者福祉センターの指定管理を受ける一般社団法人『那覇市身体障害者福祉協会』への委託料が年819万円と定められたにもかかわらず、約5倍の4154万円が5年間支払われ続け、しかも、本来、国から50%、県から25%補助金が得られる事業にもかかわらず、市だけで補助金を拠出している。その不必要な支払い分の1億6675万円の返還せよ」などと那覇住民2人から、住民訴訟されたほど。
どうだろう?
コヤツ、那覇市長の段階で、十分に小沢一郎も真っ青の金目当ての売国奴だったのでは?
どうあれ、東仙坊、このことについては、すでに一度書き込んでいるので、ぜひご参照あれ。
検証プロファイリング 埼玉県川口市彼女の母親撲殺事件
 
The miserable way of thinking only to give money to Okinawa of our government must be creating Okinawa like Chinese bureaucrats who are crazy money in Okinawa(我が政府の沖縄に金を渡しておけばいいとだけ考える情けなさが、沖縄に金、金、金狂いの中国人官僚のようなキチガイどもを生み出している)!

To be continued...







































profile

東仙坊 


人間通の東仙坊が、人間の弱気と恥ずかしい業が生む、情けなくてみっともない犯行を、徹底的に追及、究明。

■東仙坊 公式サイト■


■Mail■
ご意見・ご感想など
東仙坊へのメールはこちらから

■Link■
まさに介護は悔悟。
Kaigo Kaigo 会合リポート

最近の記事
カテゴリーリスト
カテゴリー
カレンダー
08 | 2017/09 | 10
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
月別アーカイブ
QRコード
QRコード
COUNTER
ブログ内検索
リンク
RSSフィード