Home  |  All  |  Log in  |  RSS

甘ちゃんアマチュア探偵団

情報化が模倣犯罪、劇場型犯罪を助長しているなら、犯罪抑止、犯罪摘発も、精度の高い情報がすべて。このブログは、人間通を自負するコピーライター東仙坊が迅速な犯人検挙のために、人間的プロファイリングをするものである。

彷徨う大和魂-43 東仙坊のシリアスな「ウチナーンチュ」考!?


Authentic ordinary Okinawa people must be proud to hold USA military bases not only for their beloved Japan but also for ensuring the safety of the whole of Asia at the moment(本物の普通の沖縄人たちは、愛する日本だけでなくアジア全体の安全を今のところ確保してくれているUSA軍基地を保持していることを誇りに思っている)!

東仙坊、基地移設反対のための下卑た抗議運動なんかに、本物の普通のウチナーンチュたちは意識的に参加しないと断言している。
もちろん、なかには情にほだされ例外的に参加するヒトがいるかもしれないが、それは決してマジョリティではない。
となると、それらのヒトは誰なのか?
ほとんどが流行遅れのヤマトンチュの極左過激派「革マル派」や「中核派」の残党か反政府主義者ども、我が国の内にいるヤマトンチュのホームグロウンのサプア系反日主義者どもか、中韓のスパイども。
どちらにしても、本物の普通のウチナーンチュたちは、「オール沖縄」などに微塵も同調していないばかりか、基地負担すら感じていないはず。
なぜなら、基地がなければ自分たちの経済が成り立たないことを誰もが理解しているだけでなく、日本の国土防衛を担う国境の貴重な島であることに、さらにはアジア太平洋地域全体の安全保障に貢献していることに多大な自負を持っているからである。
その運命共同体としての究極的な宿命は、70年前の太平洋戦争時の沖縄戦でも証明されているはず。
そう、沖縄が滅びれば日本が滅び、日本が滅べば間違いなく沖縄も滅ぶということは、自明の理のはず。
その意味でも、基地移設反対のための下卑た抗議運動を実行しているのは、ニセウチナーンチュであり、ニセ日本人。
実は、それを裏づけるのが、これ。
安倍潰しのために「かけ」「かけ」「かけ」一筋の恥知らずの我が国の政治屋どもやマスメディアどもが作為的に決して触れない、サプアでのデキゴト…。
まあ、USA、UK、ロシア、中国はもとより、EU、アジアで発生している異常な洪水について、USAやEUなどの深刻な山火事について、アルゼンチンやチリなどのマイナス25℃以下の寒波で凍死者が出ていることについて、イエメンでたった3ヵ月で36万人がこれらに感染し1時間に1人が死んでいるということについて、インフルエンザのメッカ香港で病院が足りなくなるほどの感染患者が出ていることについて報道しないばかりか、発生したばかりのエーゲ海で20万人の観光客が遭遇したM6.7の地震んいついても報道ナシ。
それどころか、カタールと他の中東諸国との対立、ドイツとトルコとの対立、ドイツと中国との異常接近、米中のオカシナ談合、インドネシアでの危険水域に達した宗教対立、フィリピンでのISISとの戦争激化についても報道ナシだから、それも当然。
自国の安全と同盟国のUSA軍の安全確保のためにTHAAD配備を決定したサプア。
ところが、それに反対する従北派の活動家どもが、THAAD運用に必要な物資を運ばせないよう「私設検問所」を設置、関係車両の通行を妨害しているというのである。
しかも、一部の警察車両まで検問するというから、世界でも稀な非法治国家。
それにしても、民間人が行う検問に警察が応じるとはどういう国なのか?
民間人が国家権力を持っているということなのか?
ともあれ、そんな異常事態が3ヵ月以上も続いているいうから、サプアはどこまでもサプア。
おかげで、東は日本海に面するサプアで最も面積の広い道である慶尚北道星州郡は「無法地帯」だとか。
それはそうである。
その民間人とは、「THAAD配備阻止全国運動」などいう不気味な反USA団体のメンバーども。
それに対し、現場の警察官たちが「検問所」を3回撤去しようとしたが、いずれも失敗したというから、警察官もグルということなのか?
ともあれ、
サプア軍は、配備地域に通じる2㎞ほどの道が通れないために配備物資をヘリで輸送することになったというから、マンガ。
そのせいで、燃料の入ったドラム缶を山林に落としてしまうという不手際で、燃料を除去するために100人の兵士を動員しただけでなく、北が5月にミサイル発射をした際、発電用の燃料が底を突いていてレーダーを動かすことができなかったというのだから、最低。
こんな国のために、我々は本当に軍事協力をするつもりなのか?
実際、サプアギャラップが7月4~6日に行った世論調査でも、配備賛成57%、反対27%というのでは?
にもかかわらず、なぜコヤツらは下卑た配備反対活動を続けるのか?
米韓首脳会談を前にした6月24日には、「THAAD配備阻止全国行動」のメンバーが、ソウルのUSA大使館の周囲を取り囲み、約20分間、「THAADを持って出ていけ!」などと叫んでデモ行進をしたというのでは?
同盟国の大使館を完全に包囲するなんて、一体どういう国なの?
それだけじゃない。
USA大使館の建物を夜間に何度もレーザービームで「NO THAAD」と照射しているというのでは?
それゆえ、さすがのUSA大使館も、ウィーン条約違反だという抗議の書簡をサプア政府に送付したというのでは?
また、朝鮮日報でさえ、社説で「もしワシントンや東京のサプア大使館がUSA人あるいは日本人によって包囲されるようなことがあれば、サプア人はそれをどう考えるだろうか?」と問題提起したというのでは?
どちらにしても、コヤツらのデモの仕方と基地移設反対活動家どもの仕方は、ソックリだと思わないか?
そう、サプア系反日主義者どもが基地移設反対を叫んでいるとも言えるのでは?

Most ordinary Japanese people have a great gratitude to the base burden of Okinawa(ほとんどの普通の日本人たちは、沖縄の基地負担に多大な感謝の気持ちを持っている)!

To be continued...








profile

東仙坊 


人間通の東仙坊が、人間の弱気と恥ずかしい業が生む、情けなくてみっともない犯行を、徹底的に追及、究明。

■東仙坊 公式サイト■


■Mail■
ご意見・ご感想など
東仙坊へのメールはこちらから

■Link■
まさに介護は悔悟。
Kaigo Kaigo 会合リポート

最近の記事
カテゴリーリスト
カテゴリー
カレンダー
08 | 2017/09 | 10
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
月別アーカイブ
QRコード
QRコード
COUNTER
ブログ内検索
リンク
RSSフィード