Home  |  All  |  Log in  |  RSS

甘ちゃんアマチュア探偵団

情報化が模倣犯罪、劇場型犯罪を助長しているなら、犯罪抑止、犯罪摘発も、精度の高い情報がすべて。このブログは、人間通を自負するコピーライター東仙坊が迅速な犯人検挙のために、人間的プロファイリングをするものである。

彷徨う大和魂-43 東仙坊のシリアスな「ウチナーンチュ」考!?


I have no feeling of accusing myself of those who are fortunate to offer a base to the US military in Okinawa. However, it must be impossible to endure only Futenma landowners who are opposed to relocating Futenma base just because their profits disappear(沖縄で米軍に基地を提供して幸運にありついている人々を非難する気持ちは全くない。しかし、その利益がなくなるからというだけで普天間基地移設に反対している普天間の地主たちだけにはガマンできない)!

東仙坊、飛行場の建設が中断された普天間の建設予定地は、すでに日本海軍が買収していた土地だったと前回書き込んでいる。
つまり、すでにそこの住民は自分の家を離れてることになっていたということ。
では、建設が始まったとき、どこに住んだのか?
USA軍が沖縄占領後、宜野湾村の野嵩集落にキャンプ、いわゆる収容所を造り、宜野湾村民や近隣避難民を収容したというのである。
それゆえ、その収容人員は、なんと3000人。
ところが、終戦を迎え、1945年11月以降、その収容所は解体されることになってしまい、住民はそれぞれの集落に帰還することになったとか。
そして、ほとんどの住居が必然的に焼失しているために、USA軍が資材やテントを支給して再建に協力してくれたとも。
そのせいか、住民から、「土地を返して欲しい」という声など全く上がらなかったというのも、また自然。
それどころか、建設予定地は、9年間ほとんど放置されたままだったとか。
それはそうである。
空軍基地とは名ばかりで、フェンスもなく原野が広がっていただけだというのだから。
そんななか、基地建設が本格的に始まったのは、1952年。
さて、ここに、今回の基地移設問題に繋がる隠された大変重要なポイントがある。
その普天間基地内に土地を持つ農民たちは、なぜかUSA軍地代を受け取る一方で、堂々と畑や家屋を作ったというから、メチャクチャオカシイと思わないか?
なぜUSA軍はそんな不可解なことを始めたのか?
実は、その理由は、簡潔明瞭。
なんとUSA軍兵士間で、考えられないほどの食糧不足が生じてしまったための苦肉の策だったというのである。
そのために、その本来はそこを離れずはずの宜野湾村住民たちに、地代を払ったうえで「黙認耕作地」を与え、そこで食糧確保をプランしたというのである。
す、す、すなわち、普天間基地内に土地を持っていた農民たちにとって、棚ボタの夢のようなオイシイ話でしかなかったということ。
それはそうである。
USA軍に例え土地を返してもらったところで、元の貧農に戻るだけ。
それが、地主として地代をもらえるだけでなく、家屋を持て、営農収入まで入るというのである。
そう、ああ神様ありがとうと天を見上げるだけの二重のタダもらい
これを「沖縄タイムス」が、1952年5月9日、次のように報道。
「畜産ではUSA軍から流れる将兵の残飯と広大な牧場(?)と見るべき遊休の飛行場を利用することで、蔬菜ではUSA軍向けの清浄蔬菜はもちろん、普天間と嘉数にある6つの日本請負業者(土木作業員宿泊施設)、ライカム(USA陸軍司令部)工作隊キャンプに売り込もうと言うのである」
どうだろう?
こんな棚ボタ的ラッキーも滅多にないのでは?
実際、その「黙認耕作地」の名残りは、今でも、読谷村のUSA軍基地「トリイ・ステーション」内にあり、地元民によって農業が堂々と行われているというから、リアル。
どうだろう?
こんなUSA軍や防衛省の見て見ぬフリが、この問題のベースになっていると思わないか?
そんな普天間基地を取り巻く状況が変わるのは、1953年。
朝鮮戦争勃発とUSA海兵隊の沖縄移転。
USA国民政府(琉球政府上部組織)が、軍用地の一括買い上げを発表し、戦前の地価基準で地代を算出し、1954年から接収を開始し始めたこと。
そして、その際に、沖縄戦でさらに疲弊した極貧の沖縄をおもんぱかってか、軍用地を「強制土地収用法」を適用しなかったこと。
それはそうだと思わないか?
沖縄を今後の日本の国防のための重要拠点と考えているなら、強制的に土地を収用すべき。
このことが、後に沖縄の基地が問題なる大きな要因になったことだけは確か。

It might be problematic that only a handful of people in Okinawa receive a high rent due to the enormous government subsidies. And politicians and bureaucrats who cunningly detour to their own bosom using it are further problems(沖縄のほんの一部の人々だけが、膨大な政府の補助金による高い地代を受け取っていることは問題。そして、それを利用し狡猾に自分の懐に迂回させている政治家どもと官僚どもは、さらに問題)!

To be continued...














profile

東仙坊 


人間通の東仙坊が、人間の弱気と恥ずかしい業が生む、情けなくてみっともない犯行を、徹底的に追及、究明。

■東仙坊 公式サイト■


■Mail■
ご意見・ご感想など
東仙坊へのメールはこちらから

■Link■
まさに介護は悔悟。
Kaigo Kaigo 会合リポート

最近の記事
カテゴリーリスト
カテゴリー
カレンダー
08 | 2017/09 | 10
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
月別アーカイブ
QRコード
QRコード
COUNTER
ブログ内検索
リンク
RSSフィード