Home  |  All  |  Log in  |  RSS

甘ちゃんアマチュア探偵団

情報化が模倣犯罪、劇場型犯罪を助長しているなら、犯罪抑止、犯罪摘発も、精度の高い情報がすべて。このブログは、人間通を自負するコピーライター東仙坊が迅速な犯人検挙のために、人間的プロファイリングをするものである。

彷徨う大和魂-43 東仙坊のシリアスな「ウチナーンチュ」考!?


It can also be said that Japan has become awkward in relation to Okinawa because Japan is thinking about national defense in Japan by turning into the USA without having properly organized the Japan-US Security Treaty(日本が、日米安保条約をきちんと整理しないままUSAにオンブにダッコで国防を考えているから、沖縄ともぎこちない関係になってしまったとも言える)!

東仙坊、曖昧かつ卑屈な金を払うから後は水に流して…という中途半端で煮え切らない情けない外交姿勢が、みっともないほどの脆弱な態度が、日本を中韓のような異常な国にさせていると確信している。
そう、中華思想と小中華思想の絶対に自分たちの非は死ぬまで認めない中韓に、粛清と虐殺と強制連行の歴史しかない中韓に、我が日本が土下座し頭を大地にこすりつけアナタ方の完全な奴隷になりますと言うまで貶めを止めない中韓に、謝罪と反省を表明し金を払い続けてきたことが、こんな情けない流行遅れの左翼の反政府テロリストどもが大手を振って跋扈する国にしてしまったとも確信している。
そんな人間としてはかえって傲岸不遜な日本の対応が、本当の友好国屋同盟国を作れない最大の原因になっているのでは?
それは、我が国を追い込み、戦争に駆り立て、凄惨な敗戦に到らせたUSAに対しても同じ。
彼らは我が国を占領して初めて、我が国の誉れ高き精神性に触れ、その圧倒的な日本脅威論を棄て、彼らの国益のための思惑があったとしても、せっかく安全保障条約まで締結してくれ、我が国の国防の抑止力になってくれているのに、どこか金を払っているのだからという傭兵のような扱いをし続けてきて、本当の信頼関係を築き上げられなかったことは紛れのない事実なのでは?
それはまた、我が国のために捨て身で戦ってくれたウチナーンチュたちに対しても同じ。
彼らほど精神的な絆を求めている県民も他にいないはずなのに、USAの基地を多く持たせているという負い目だか何だか知らないが、金を払っているのだから堪忍してでは本当のコミュニケーションにならないのでは?
その結果が、中韓のマネをして、イヤ、中韓の反日勢力の影響を受け、ユスリ・タカリのように金を無心する翁長雄志のような媚中派の国賊を生んでしまったのでは?
それで、実に興味深い最新ニュースがある。
中国メディアの「今日頭条」が、「日本を旅行で訪れるサプア人が年々増加している。サプアは日本を嫌っている国じゃないのか?」と疑問を投げかける記事を掲載したとか。
しかも、「サプアが最近になって中国から奪った勲章として、2017年上半期に日本を訪れた国別の外国人客数の順位を挙げた」というから、どこか苦笑したくならないか?
ともあれ、「日本政府観光局の統計によれば、2017年1~6月に日本を訪れたサプア人の数はのべ前年同期比42.5%増の339万5900人。一方、中国人の訪日客の伸びは大きく鈍化し、前年同期比6.7%増にとどまったうえ、人数も328万1700人とサプアを下回った。国家間の緊張した状況が各国の旅行者数にも影響を与えている。中韓関係の低迷がサプア人の中国訪問を減少させ、その分、日本を訪れるサプア人が増えたのではないか? 日本人は政府の影響を受けて中韓両国に対してイイ感情を抱いていないのにもかかわらず、サプア人や中国人が日本を好んで旅行するのは恥ずかしいことであり、中国人もサプア人も気骨がないのか? もっとも日本文化は昔から柔軟性があり、近隣の国を引きつける力を持っているのは事実」というのだが…。
そう言えば、昨日、フランスの2ニュースが、「1人3400ユーロを使ってくれる昨年170万人の中国人観光客は、神様。レッドカーペットで歓待。中国語を話せる店員。なかには、全部中国語表記をしたブランドショップ。気をつけるのは、4という数字がキライだということを忘れずに(???)」と報道していた。
そう、地獄の沙汰も金次第の世の中。
何が人権問題だというアリサマ。
だからといって、自分たちの代わりに国防を担ってもらっているUSAに、「思いやり予算」という言い方は、メチャクチャ失礼なのでは?
それも、協定の枠外だからと言って、設備や住宅などの提供施設整備費がナンチャラカンチャラもあんまりでは?
その提供施設整備費、ピークだった1993年度の1052億円から、2010年度には206億円とピーク時の20%までに減少。
2015年度に221億円と微増。
どうだろう?
USA側に言われなくても、管制塔や格納庫の建て替えなど当然すべきなのでは?
そして、その摩訶不思議な「思いやり予算」。
1999年度に過去最高の2756億円を計上後、減少が続き、2014年度に1848億円に低下、2015年度には1899億円と微増。
ポイントは、老朽化した普天間飛行場の改修。
辺野古移設だと極力抑え、2013年度に隊舎や排水施設の改修など5事業で約36億円を支出しただけなのでは?
どうあれ、沖縄が我が国の国防にとって極めて重要な拠点だと本気で考えるなら、USAの基地の削減どうこうよりも、USAとの条約の深化はもちろん、沖縄と協力して自衛隊の強力な部隊の基地を造ることさえ必要なのでは?
その意味でも、THAADがまだ配備されていなかったことは、かなりショックなのでは?

When we contact ordinary Okinawans with high spirituality, we should open our minds and communicate with real intention and real intention(我々は、精神性の高い普通の沖縄人と接するときは、心をオープンにして本音と本音でコミュニケーションをすべき)!

To be continued...



















profile

東仙坊 


人間通の東仙坊が、人間の弱気と恥ずかしい業が生む、情けなくてみっともない犯行を、徹底的に追及、究明。

■東仙坊 公式サイト■


■Mail■
ご意見・ご感想など
東仙坊へのメールはこちらから

■Link■
まさに介護は悔悟。
Kaigo Kaigo 会合リポート

最近の記事
カテゴリーリスト
カテゴリー
カレンダー
10 | 2017/11 | 12
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -
月別アーカイブ
QRコード
QRコード
COUNTER
ブログ内検索
リンク
RSSフィード