Home  |  All  |  Log in  |  RSS

甘ちゃんアマチュア探偵団

情報化が模倣犯罪、劇場型犯罪を助長しているなら、犯罪抑止、犯罪摘発も、精度の高い情報がすべて。このブログは、人間通を自負するコピーライター東仙坊が迅速な犯人検挙のために、人間的プロファイリングをするものである。

検証プロファイリング 佐世保高1女子高生同級生殺人事件-1

I would decide to do a report by the real name after the example of UK to restrain the most dreary case in the crime that happened in Japan(日本で起きた犯罪の中でも最も陰惨な事件を抑止するためにもUKを見習って実名報道する)!

東仙坊、かなり長いメールをもらった。
まるで、サプアの長い検証が終わるのを待っていてくれたかのように、2つの事件に対しての考察をしてほしいとのリクエストの内容なのだが、困ったことに過去の検証済み事件のパターンのようにプロファイリングしてくださいと条件が付いている。
天の邪鬼の性分からか、それにメチャクチャ逡巡したもののサプアが終わったばかりの解放感が手伝って、まず1つの事件をとりあえずトライしてみたくなった。
それは、今度の佐世保で発生した高1女子高生同級生殺人事件を、検証プロファイリング 佐世保小6同級生殺人事件と長野義妹殺人事件の酷似点-1のように検証してほしいというものなのだが、正直、肝心のそれをすっかり忘れてしまっている。
それが年を取るということなのか?
あるいは、それを忘れてしまうほど次々に新たに事件が起きるということなのか?
そんな自分がもどかしくて、あーあ、梅雨明け宣言があったのに、長崎は今日も血の雨だった…と必死で探していて、さらに驚いた。
プロファイリング-2 佐世保乱射事件 馬込政義の犯行動機①
プロファイリング-19  長崎雲仙女子高校生失踪事件-1
検証プロファイリング 「長崎西海祖母・母親代行ストーカー惨殺事件」と「千葉県連続殺人死体遺棄事件」の共通点-1 …。
何だかビックリするほど長崎について、とりわけ佐世保についてプロファイリングしていることに、初めて気づいたからである。
そして、ようやく「検証プロファイリング 佐世保小6同級生殺人事件と長野義妹殺人事件の酷似点」を見つけ、熟読し、率直に、再び驚いていた。
まるで、宗リンのようにプロファイリングしていると、そのエネルギーに自分でビックリしたからに他ならない。
と同時に、今回の凄惨な事件が、その動機において、佐世保小6同級生殺人事件と限りなく共通点だらけだということに、唖然…。
そのことに触れるのをなんとか後回しにして、この胃が痛くなるムカつく事件のプロファイリングに入りたい。
それにしても、webチェックしたら、すでに事件の情報だらけで、またまたビックリ…。

■佐世保高1女子高生同級生殺人事件

●現時点で知り得る限りの事件の概要

①長崎県佐世保市八幡町に、創立1908年という長崎県立佐世保北高等学校がある。
県立としては比較的早期の2004年に併設型中高一貫校になった進学校とのことで、その高校1年6クラスのうちの1つのクラスメートとして、加害女子生徒である「私の愛人サイコ(15歳、すでに16歳)」と被害女子生徒である「U.L.G.2(UnLuckyGirl2)」がいた…と書き始め、ここは主義に反し、初めて実名表記することにした。
それは、この事件をUKのデーリー・メールが、「近年の日本で最も衝撃的な事件。日本で起きた犯罪の中でも最も陰惨なものの一つだ」と取り上げたことで、そう決心したからである。
この手の残忍非道な犯罪の抑止には、もうUKのようにそれしか道はない。
ちなみに、未成年犯罪に極めて敏感なUKでは、インディペンデント、デーリー・ミラー、BBCまでが報道。なかでも、BBCは、遺体が切断されていたことを見出しに佐世保市では2004年にも小6女児が同級生を殺害する事件があったとまで報道…。
また、すでに2人とも、特に加害女子生徒はその数々の個人的栄誉(?)からなぜか両親とともにマスメディアにたくさん取り上げられていただけでなく、その家庭環境こそが事件の背景に色濃く滲み出ているからにも他ならない。
どうあれ、2人は当然のごとく中学から同級生。
そして、加害女子生徒の徳勝もなみは、1学期出席日数3日の不登校。
しかも、4月から、佐世保市内の高台にある高級住宅街の自宅から徒歩2分(?)、長崎県佐世保市島瀬町の父親名義のフェリーチェ島瀬で1人暮らし。
ついでに、その陰惨な現場となったマンション、JR佐世保駅から徒歩約15分で、間取りは10畳の洋間に約2畳のキッチンで、家賃は約6万円(?)。
高校までの距離は、同じ徒歩圏でも実家の方が若干近く、父親の事務所にも近いとか。
一方、そこから歩いて10分ほどの距離の長崎県佐世保市祇園に住む被害女子生徒のMiss松尾愛和は、1学期無欠席。
また、徳勝もなみは、中学校までは放送部に所属し、将来は「NHKのアナウンサーになりたいの」と言っていたとか。
一方、Miss松尾愛和は、中学校から高校と写真部に所属し、日常の校内の様子や風景、大会に出場した運動部生徒の写真などを撮影。
戦国大名の本を読むのが大好きで、進路に関する三者面談では担任教諭に「文系コースに行き、大学は文学部に入って歴史の勉強をしたい」と言っていたとか。
さらに、2人ともにアニメ好きで、共通の趣味があることから仲がよさそうな雰囲気だったとのこと。
佐世保北高校も、「2人が特に親しいとは把握していない。普通に話したり、一緒に行動したりはあった。普通の同級生だと思う。親友と呼べるほど親しかったワケではなかったが、特に2人の間に問題があったとは一切聞いていない」とコメント。

②そんな2人が、事件発生、約1週間前から遊ぶ約束(??)。
7月26日午後3時ごろ、Miss松尾愛和は、両親に「徳勝サンのところへ遊びに行ってくる」と伝えて外出。
商店街(?)のアーケードで待ち合わせ、2人は一緒にショッピング。
午後4時ごろには、徳勝もなみのプラン通りに「殺すために自分の部屋に2人で行った」。

7月26日午後6時40分ごろ、Miss松尾愛和が、母親に「午後7時くらいには帰る」とメール(??)

④7月26日午後8時ごろ、徳勝もなみが前もって自分で近くのホームセンターで買っていた石頭ハンマー(金属製30㎝)で立っていたMiss松尾愛和の後頭部を何度も殴った後、同じく用意していたヒモで首を絞め殺害(??)
実際、司法解剖の結果も、死因は頸部圧迫による窒息死と判明。
死亡推定時刻も7月26日午後8~10時。
徳勝もなみ自身、「後頭部を殴り、首を絞めた。全て私が自分一人でやりました」、「午後8時ごろに殴った後、首を絞めて殺し、その後、切断した」、「殺害自体が目的だった」、「遺体をバラバラにすることに関心があった」、「内臓を見てみたかった」、「人をバラバラに切り刻んでみたかった」などと供述しているとか。

⑤7月26日午後10時5分~午後10時30分過ぎにかけ、同一のID(名も無き被検体774号+@)で、net掲示板・2ちゃんねるVIPに「[観覧注意]殺しちゃったんだけど」というタイトルのスレッドを立ち上げ、計4回の書き込みと計7枚の画像も投稿。
柄でもなく、東仙坊、生まれて初めて清水の舞台から飛び降りたつもりで、直接チェック。
今どきのヤングガールらしくなくマネキュアのない手に血の付いた写真(?)が5枚、血の付いたティッシュペーパーの写真(?)、
グロテスクな臓器(脳髄?)の写真。
「冷たくなったから温めた何で温かくならないの? 今ねお風呂入ってる。それより皆脳髄の色って何色だと思う?」
「出血はそんなにしてない。どうしよう 」
「駄目だ拭いても拭いても血が溢れてくる」
「脳髄や脊髄を培養液に漬けてずっと世話してあげるんだ」
その真偽のほどがわからないので、メチャクチャ複雑、そして、後悔。

⑥7月26日午後11時ごろ、午後7時を過ぎても帰宅してこなかったため、母親が徳勝もなみの親(父親?)に電話。
そこで、親が徳勝もなみに電話して聞いたところ「午後6時半くらいに別れた」と答えたということを聞いたMiss松尾愛和の両親が長崎県警佐世保署に捜索願を提出。

⑦7月27日午前3時20ごろ、長崎県警佐世保署署員と徳勝もなみの両親が、1階マンション入り口で徳勝もなみに再度Miss松尾愛和の所在を確認すると、「どこに行ったかは知らない」と血の付いていない服で応対(??)。
ところが、長崎県警佐世保署署員が徳勝もなみの部屋に入り、そのベッドの上でMiss松尾愛和が仰向けで死亡しているのを発見(??)

頭部から血を流し、首には絞められた痕が残っていて、頭部と左手首が切断されていたというから、あまりにも凄惨。
また、Miss松尾愛和の遺体には大小複数の切り傷があり、腹部が切り開かれていたというから、衝撃的。
さらに、ベッド上で血の付いた刃物とヒモを押収。
ベッドの下で、これも事前に購入され遺体切断に使用した打音検査用ハンマー(金属製30㎝)とスレート切断用ノコギリ(金属製25㎝)も押収。

⑧7月27日午後6時11分ごろ、現場にいた徳勝もなみを、長崎県警捜査一課が殺人で緊急逮捕。

This must be the plan murder that this shocking case targeted a damage girl as well as that Sasebo small 6 classmate murder case(この衝撃的な事件は、あの佐世保小6同級生殺人事件同様、被害少女をターゲットにした計画殺人)!

To be continued...
profile

東仙坊 


人間通の東仙坊が、人間の弱気と恥ずかしい業が生む、情けなくてみっともない犯行を、徹底的に追及、究明。

■東仙坊 公式サイト■


■Mail■
ご意見・ご感想など
東仙坊へのメールはこちらから

■Link■
まさに介護は悔悟。
Kaigo Kaigo 会合リポート

最近の記事
カテゴリーリスト
カテゴリー
カレンダー
08 | 2022/09 | 10
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
月別アーカイブ
QRコード
QRコード
COUNTER
ブログ内検索
リンク
RSSフィード