Home  |  All  |  Log in  |  RSS

甘ちゃんアマチュア探偵団

情報化が模倣犯罪、劇場型犯罪を助長しているなら、犯罪抑止、犯罪摘発も、精度の高い情報がすべて。このブログは、人間通を自負するコピーライター東仙坊が迅速な犯人検挙のために、人間的プロファイリングをするものである。

新・新日本砂漠化-98 世界中で「こりゃ、こりあ、大変!」!?-3

It is just each state of things that choose which with the parent who doesn't endure it with patient brothers(ガマン強い兄弟と、ガマンしない親と、どちらを選ぶのかは、それぞれの勝手)!

実は、どこか不可解で、それでいて無性に納得してしまうところもある、世界中で発生している韓国人バッシング…。
そのもっとも顕著なのが、驚くことにかなり大らかなはずのオーストラリア。
今年になってから、かなり続発。
しかも、さすがに、ちょっと酷過ぎるんじゃないか…と同情したくなほど、冗談ではすまない辛辣な事件ばかり…。
3月、韓国人留学生(34歳)が路上で突然襲われ、火をつけられ、道ばたで襲われ、上半身に40%の火傷を負わせられたというから、残酷。
7月、ワーキングホリデーで滞在中の韓国人(28歳)が少年2人から暴行。
9月、韓国人留学生(33歳)が少年10人から集団暴行。
10月13日午前4時半ごろ、帰宅途中の現地企業勤務の韓国人男性(33歳)が、シドニー郊外の閑静な夜になると人通りがない住宅街で、見知らぬ4、5人から集団暴行を受けた。
何でも、「週末だったので夜遅くまで親しい同僚と食事し、自宅に向かっているところだった。自宅近くで見知らぬ青年たちが突然駆け寄ってきて、ゴルフクラブで頭を殴ったり、足で蹴るなど無差別的に暴行を加えてきた」というから、かなりメチャクチャ。
そして、頭蓋骨にヒビが入ったほか、肋骨を2本折る重傷を負ったというから、あんまり。
しかも、突然襲われたために、暴漢たちの特徴をあまり覚えていないというから、残念。
11月初め、メルボルンに留学中の韓国人男性は、学校の学生寮近くにある公園で、10人あまりの青年から人種差別的な集団暴行を受け重傷。
11月27日午後9時ごろ、ゴールドコーストのサウスポートで、技術専門学校授業を受けた後、友人と食事をすませて帰宅途中の韓国人留学生女性(28歳)が、現地住民とみられるオンナが背後から自分に向かって大声で叫んだため、「なぜ叫ぶの?」と言うと、そのオンナの横にいた別のオンナが突然殴ってきたというから、残酷。
韓国人留学生女性は、顔や頭を殴られ鼻骨折。
そこで、 警察に通報しようと携帯電話を取り出すと、今度はオンナたちと一緒にいたオトコが取り上げ、自分のポケットに入れてしまったというから、あんまり。
事件当時、現場周辺には複数の人がいたが、誰も助けてくれなかったというから、お気の毒。
女性の悲鳴を聞いた女性の友人とその父親が現場に駆けつけ、警察に通報。
警察は暴行したとして、17歳オンナを逮捕したというのだが…。
どうだろう?
この状況を、相変わらず韓国政府は、「アジア人、イエローへの人種差別的攻撃」と言うのだが、果たして本当にそうなのか?

ここで、東仙坊、もう一度鮮明に思い出し、厳密に指摘しておきたいことがある。
それは、今年のロンドン・オリンピックにおける韓国の評判…。
①日本体操選手のユニフォームが「旭日昇天旗」を連想させると攻撃したこと。
②選手村の食堂で営業妨害や他国選手への執拗なストーカー行為で、五輪委員会からオリンピック終了まで他国の選手が集まる公共の場への出入りを禁止されたこと。
それを注意したイギリス人コックを集団で暴行したため、韓国代表選手全員が外出禁止になったこと。
③ヨットチームの監督が飲酒運転で逮捕され国外追放になったこと。
④男子サッカーで戦ったスイス選手のブログを炎上させ、差別用語を引き出し永久追放に追い込んだこと。
⑤男子400m自由形水泳選手が準決勝でフライングをして失格になったのに、なぜかフライング失格を取り消しにさせ、銀メダルを獲得したこと。
⑥柔道で腕を折りの危険行為などを連発し反則で減点されたのに、なぜかそれを取り消しにし旗判定で一度は勝ちにさせたのに、その後、韓国選手の判定負けにされると、抗議のため畳の上から降りないかったこと。
⑦バドミントンで前代未聞の無気力試合で失格にされ、選手村から追放されたこと。
それを、中国チームが先にやったからと謝罪もしないで責任転嫁したこと。
⑧女子ホッケーでラフプレーをしてアドバンテージを取られ得点され負けたこと。
それを誤審と大騒ぎしたこと。
⑨女子バスケット予選でのラフプレーで世界から叩かれたこと。
⑩フェンシング女子エペ個人準決勝で、韓国選手が1時間も競技台で涙を流し、試合を遅らせたこと。
⑪「サムスン」が五輪委員会に圧力をかけ、他国選手愛用の他社ヘッドフォンを使用禁止にさせたこと。
⑫男子サッカー3位決定戦で試合終了後フィールド内で「独島は韓国の領土」のプラカードを掲げ、FIFAから2試合の国際試合の出場停止と約31万円の罰金の裁定を受けたこと。
後は、IOCがどんな裁定をするのか?
ところで、この国際的マナーなきサッカー選手、軍への慰問活動の名を借りて韓国海軍大型輸送艦「独島」に寝泊まりした写真をマスメディアに取り上げさせたというから、言語道断。
どうあれ、UKのマスメディアが、ロンドン・オリンピックを「韓国のせいでロンドン五輪の輝きが失われた」と総括したのもムリはないのでは?
そのニュアンスを、東仙坊、新・新日本砂漠化-66  フォクシーレディたちに愛されているのかも!?ですでに書き込んでいる。
そのときの中国人たちのコメントが、実に的を得ているので、もう一度。
「このハングルはなんて書いてあるんだ?世界中の人は読めないぞ。韓国人は生まれつき欠陥のあるハングル文字が世界で通用するとでも思っているのか? 世界は韓国のものだとでもいうのか?」
「世界に認知されていると思い込んでいる韓国人、本当にワケのわからない奇特な民族」「全宇宙が韓国のものなのだから竹島だけ強調する必要はないだろう。韓国人はそんなにも愛国心が強いのなら日本でサッカーをプレーしなければいい」
「日本には確かに尊敬すべき点があるが、韓国は確かに罵るに値する。これはわざとそうしているのではなくて、民意なんだよ」
「韓国と日本は異なっている。日本は試合ではフェアプレーだ。だが韓国は今回の五輪でもそうであるように各種抗議だらけだからな」
ちなみに、今回の世界中で発生している韓国バッシングについても、中国人たちは極めて強烈なコメントをしているのだが…。
そのせいか、12月11日、40年経過してグチャグチャな日中関係とは違い、20年を迎えた中韓関係は極めて良好で、その北京での記念イベントに、習近平主席が飛び入りで祝ったなどと自慢げに韓国マスメディアは、喜色満面。
北朝鮮のミサイル発射のことなど、自分たちの外交努力の成果で28ヵ国以上が発射反対を表明したから、中止するのでは?と楽観的だった。
そ、そ、そうしたら、突然、北朝鮮はミサイル発射!!!
どうだろう?
韓国も我が国同様、相当タガが緩んできているのでは?

In this situation coming to cannot but run away in all the members out of the country in USA after all(結局、このままでは国中全員でUSAに逃げ出すしかなくなるのは)?












profile

東仙坊 


人間通の東仙坊が、人間の弱気と恥ずかしい業が生む、情けなくてみっともない犯行を、徹底的に追及、究明。

■東仙坊 公式サイト■


■Mail■
ご意見・ご感想など
東仙坊へのメールはこちらから

■Link■
まさに介護は悔悟。
Kaigo Kaigo 会合リポート

最近の記事
カテゴリーリスト
カテゴリー
カレンダー
08 | 2022/09 | 10
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
月別アーカイブ
QRコード
QRコード
COUNTER
ブログ内検索
リンク
RSSフィード