Home  |  All  |  Log in  |  RSS

甘ちゃんアマチュア探偵団

情報化が模倣犯罪、劇場型犯罪を助長しているなら、犯罪抑止、犯罪摘発も、精度の高い情報がすべて。このブログは、人間通を自負するコピーライター東仙坊が迅速な犯人検挙のために、人間的プロファイリングをするものである。

腐乱した大和魂-1 ヒアリ化したサプアとは永遠に決別すべき!?


We should talk like a North Korean issue seriously about slandering slander to Japan in the comfort women issue by China and South Korea with USA and UK(USAやUKと中韓の捏造による慰安婦問題での日本への中傷誹謗について、本気で北問題のように話し合うべき)!

東仙坊、根拠なき「性奴隷」による日本貶めにどうしてもナーバスにならざるを得ない。
これだけウソっぽく人道とか、ジェンダーフリーとかが声高に叫ばれている時代に、ムリヤリ女性を奴隷にして慰み者にした民族かように呼ばれるなんて、あまりにも品格が疑われるようでガマンならないからである。
もっとも、だからこそ、世界一下品な民族である中韓が、捏造プロパガンダで我々日本人が中傷誹謗されるようにしたがるとも言えるのだが…。
さて、前回、誤解に基づきUSAだけでなく、UKまでが、我々日本民族を中韓の思惑通りに動かされそうな現状は深刻だと危惧することを書き込んだ。
しかも、卑怯で卑劣な中韓と、それに組するニセ日本人どもや金に目が眩んだ大バカども、8ヵ国14団体が薄汚く仕かける、「UKの『帝国戦争博物館』の旧日本軍の慰安婦関連資料30点」のユネスコの記憶遺産登録への共同申請。
それに、こともあろうか、その「帝国戦争博物館」までが、「国際連帯委員会(?)」委員長申恵秀からの所蔵資料30点の帰属確認と記憶遺産登録申請を求める依頼に、「記憶遺産となることは光栄」と申請に同意したというから、何をかいわんや。
ただし、その胡散臭いネーミングの「国際連帯委員会」には参加しないとも。
では、その「UK帝国戦争博物館」とは? 
何でも、第一次、第二次世界大戦から、朝鮮戦争、東西冷戦、フォークランド紛争、湾岸戦争、イラク戦争などUKが関わった戦争や紛争の歴史資料を展示する国立施設とか。
ロンドンをはじめ南部のケンブリッジや中部のマンチェスターなどに5施設あり、戦争や紛争の原因や過程、結果を伝えるため、1万5000点以上の絵画、彫刻、約3万枚のポスターを所蔵し、戦闘機、戦闘車両、艦船だけでなく軍人の装備、書籍、映画フィルム、600万枚以上の写真などを展示しているとか。
とりわけ、ロンドンの施設は、第一次世界大戦を記録するため設立され、その6階には日本の零戦の残骸も展示されているとも。
また、ホロコーストやスパイ活動のコーナーもあるとか。
それでは、「国際連帯委員会」とは、何か?
一見、国際機関かのように錯覚してしまいそうだが、単なるサプアの設立した、日本貶めのための組織。
そのせいか、事務局があるのも、サプア。
そして、昨年5月だけで、ユネスコに2744件の資料を申請。
今回の旧日本軍の慰安婦関連資料30点(???)の申請も、「女性や少女が性奴隷を強要され、日本軍が性奴隷制度を設立・運営した」とデッチ上げたもの。
ともあれ、その申請された資料30点とは、どんなモノなのか?
精査すると、5種類に分別されるとか。
1)UK兵士が終戦直後にビルマで押収した、1943年5月26日旧日本軍マンダレー駐屯地司令部で運営していた「慰安所規定」を定めた公文書など4点。
それらでは、兵士から将校までの利用時間と遊興費、「慰安所は日本軍人軍属において使用するを本則」と慰安婦が戦地における「公娼」の役割、慰安婦への暴力行為を禁じた「いかなる場合といえども殴打暴行など所為あるべからず」、慰安婦の健康管理のため身体検査などを定めた条項、「慰安婦の外出に際して経営者の証印あるほか出証を携行すること」と経営者の許可があれば外出などの自由があったことなどがわかるとも。
2)ビルマのラングーンとインド洋のアンダマン・ニコバル諸島で撮影した中国人とマレー人慰安婦の写真。
3)ビルマとアンダマン諸島で撮影した慰安婦らの動画映像。

どちらも、1945年にUK軍兵士によって撮影されたもの。
ただし、「日本によって軍のための『慰安少女』としてペナン島から強制的に連行された中国人とマレー人の少女」とのキャプションのある2)の写真には、幼児と触れ合う明らかに成人とみられる女性が写っていて、明らかに少女とするにはムリがあるとか。
4)慰安婦らや慰安所を目撃したUK兵士やカメラマンの証言インタビューの音声記録。
音声記録には、戦後、占領下の日本に駐留した連合軍向けにオーストラリア軍運営した慰安所「ゲイシャハウス」を証言するものも含まれていたというから、唖然。
また、慰安所から抜け出した20代ぐらいの日本人女性が村から日本軍に連行され、看護師、料理人、慰安婦としても働かされていたとのUK軍兵士の証言もあるというから、かなり疑問。
5)日本軍捕虜として慰安所を建設させられたり、慰安婦を目撃したりしたとされるUK兵士の日記や記録。
これは、ビルマで誘拐され強制的に日本軍兵士の性奴隷にされたとするサプア慰安婦を目撃したというインド系UK軍兵士の回顧録の抜粋。
しかし、原本の回顧録を「帝国戦争博物館」では所蔵していないというから、話にならないはず。
そもそも、目撃した日時、場所、人物も不明だなんて、信憑性ゼロ。
また、日本人女性の証言も伝聞情報というから、もうメチャクチャ。

A negative attitude that our Japanese Ministry of Foreign Affairs someday understands is spreading the misunderstanding that Japanese comfort women were sex slaves to the world(我が日本の外務省のいつかわかってもらえるという消極的な姿勢が、日本軍の慰安婦が性奴隷だったという誤解を世界に広めている)!

To be continued...





腐乱した大和魂-1 ヒアリ化したサプアとは永遠に決別すべき!?


Prime Minister Shinzo Abe couldn't directly protest “comfort women's statue” and “comfort women's day” to Donald Trump, why it is a perfect opportunity(安倍晋三首相は、なぜ絶好のチャンスなのに、ドナルド・トランプに「慰安婦像」と「慰安婦の日」を直接抗議できないのか)?

東仙坊、日本の無能な外務省の責任放棄は、省庁改変をすべき由々しき問題だとかねてから思っている。
それもこれも、イヤでもそうなってしまうのは、外務省が採用するのが、縁故やコネによる落ちこぼれの寄せ集め省庁だからに他ならない。
こんな劣悪な状態では、このグロバリぜーションの世界で、そうでなくてもお人好しの無意志組織によって、崇高な精神を持つ我が大和民族のイメージは、損なわれることはあっても、評判がよくなることなどゼロ。
それにしても、同盟国での北に先導された中韓の日本を貶め戦略に、なぜ外務省は正々堂々と正面から必死に戦えないのか?
それは、脆弱な政府も同じで、「慰安婦」を「性奴隷」に粉飾されて黙っていられるのか?
そもそも、その元凶の「河野談話」をなぜ破棄しないのか?
また、虚偽が明白になった吉田清治証言などに基づいて捏造された国連人権委員会の「クマラスワミ報告」の撤回を徹底的に要求しないのか?
どうあれ、袖の下の渡し方が得意なサプアに籠絡されてしまっているUSAのおバカどもとどうして対峙できないのか?
事実、7月28日、USA下院が慰安婦問題で日本政府に公式謝罪を求めた対日非難決議を採択してから7月30日で10年となるのを記念し、サプア系団体「ワシントン慰安婦問題連合」が、ワシントンの下院議員会館で集会を開催。
そこには、サプア系や親韓派のUSA人学者ら約50人も、集合。
そして、対日非難決議を提案した本田実なるニセ日本人のマイク・ホンダ前民主党下院議員(現在、サプア外国語大学校名誉政治学博士)が、「日本政府に対して明白な謝罪の表明と歴史的な責任の受け入れ」を要求したうえで、「私たちは命や尊厳を失った慰安婦20~30万人のために戦い続けなければならない。全USAや世界各地で慰安婦像・碑の建立が進んでいることはいいことだ。さらに建てられるだろう」とのたわまったとか。
また、金のために魂を売るロイス下院共和党外交委員長が、「日本政府は真の歴史を認識すべきときだ。過去を間違って理解していては、未来を正すことはできない。日本のサプア占領、そして慰安婦のような人権蹂躪の歴史を、若者が学ぶ歴史の本に記述することが重要だ。独島は日本が帝国主義時代に自分たちの領土だと地図に記録しただけで、過去もサプアの領土だ」とほざいたとか。
どうだろう?
我が日本政府は、外務省は、どこまで無能で役立たずなのか?
その誤解の広がりは、USAだけにとどまらない。
UKも同じ。
実際、日韓両政府が2015年12月28日、慰安婦問題を最終かつ不可逆的に解決するため合意した際、UK「サン」は、「日本がついにおぞましい『慰安婦』制度を謝罪」、「13歳で北の自宅から警察官に拉致されたという元慰安婦の証言した。『性奴隷として、毎日40人を相手にしなければならず、5000人を超える日本兵との性行為を強要された。抵抗すると殴られボロ切れを口に突っ込まれた」と報道しているのでは?
では、なぜこんな不条理なことがまかり通ってしまっているのか?
やはり、政府と外務省のテイタラク以外に理由は見つからない。
一番は、河野談話発表時に、河野洋平なるピンボケの国賊が、「強制連行の事実があったという認識なのか?」と質問に、独断で「そういう事実があったと。結構です」と答えてしまったことが、「日本政府が公式に慰安婦の強制連行を認めた」ということになってしまっているのである。
にもかかわらず、それを払拭するための対応といえば、どれも情けなくてみっともないものばかり。
安倍晋三首相でさえ、「正しくない誹謗中傷がある。『性奴隷』20万人といった事実はない。政府として事実でないとしっかり示していく」と言い訳するばかり。
本当にしっかり示してほしいと思うが、どうだろう?
国連人権条約機関の女子差別撤廃委員会でも、杉山晋輔外務審議官が、「日本軍が強制連行した証拠が見つからず、『性奴隷』は事実に反する。強制連行説は吉田清治による捏造であることが証明されている」と反論する程度。
まるで外務省は、そのような誹謗中傷にいちいち対応しないことが得策と考えているかのよう。
なぜ、そんなトンチンカンな対応なのか?
事実関係を論理的かつ体系的に怜悧に明らかにし、陳腐で狭小な「誤解」や「曲解」をことごとく潰すのが仕事ではないのか?
このグローバルな世界では、声高に反論しないと相手の主張を認めたことになるのでは?
第一、2007年、「政府が発見した資料に軍や官憲による強制連行を直接示す記述はない」という第一次安倍晋三政権のと閣議決定があるのでは?
それに、USA国立公文書館で、サプア人慰安婦が「志願したか」とか、「親に売られた」と記したサプア人捕虜のUSA軍調書が発見されているのでは?

If we strengthen the pressure on North Korea, we should pressure also on the removal of South Korea's “comfort women's image” and “recruitment workers”(北への圧力を強化するなら、サプアの「慰安婦像」と「徴用工像」の撤去にも圧力をかけるべき)!

To be continued...




腐乱した大和魂-1 ヒアリ化したサプアとは永遠に決別すべき!?

What will you trust in South Korea, who said that it decided to pay humanitarian assistance to North Korea of about 980 million yen when the international society's economic sanctions against North Korea were strengthened(せっかく国際社会の北への経済制裁が強化されたときに、約9億8千万円もの北への人道支援を決めたと言い出したサプアの何を信用するのか)?

サプア政府が青息吐息で釜山へ移った、7月2日以降、待ちに待ったUSA軍部隊がパンパカパーンと登場。
「USA軍がくればもう安心だ」と李承晩大統領は手放しで喜んだとか。
と、と、ところが、USA軍は士気の高かった北に各地で敗退の連続。
それはそうだと思わないか?
USA軍では第二次世界大戦の終結時に多くのベテラン軍人が退役。
投入されたのは、急ごしらえの実戦経験のない部隊で、士気も相当低かったとか。
そして、USA軍が大田で大敗し、釜山まで撤退。
その際、北によってUSA兵捕虜が虐殺される「303高地の虐殺」が起きたとも。
その段階で、北の金日成は、「解放記念日」の8月15日までに釜山を陥落させて朝鮮半島を統一すべしと声明を発表したとか。
焦った李承晩大統領、大嫌いだった日本の山口県に亡命政府を受け入れてもらうよう、日本と交渉を始めたというから、まさに恥も外聞もナシ。
どちらにしても、北も南も同じ残酷なサプア民族であることは、確か。
ともあれ、前々回、前回書き込んだ、金錫源少将など大日本帝国陸軍に所属したことのあるサプア人たちの部隊いなかったら、今ごろ、サプア人女性たちは無料での金ボンボンの性奴隷だったのでは?
ともあれ、「親日」だけは絶対に許さないと大声で叫ぶサプアと、どうやって我々はつき合うつもりなのか?
親しくならないなら、つき合う必要は全くないのでは?
懲りずにもう一度だけ念を押すが、福沢諭吉が明確に喝破したように、サプアとつき合わないのが、日本の国益なのでは?
それにしても、いくらアイデンティティが欠落した民族だからといって、世界最古の女性の職業であり、今なお、体を売って金を稼ぐだけの、いわゆる「売春婦」を国のアイコン、国のピクルト、イヤイヤ、国のステイタス・シンボルできる無神経さ、厚顔無恥さとは、一体何?
確かに、今も昔も、売り物が「妓生」であり、世界一の売春婦供給国であることはわかるけど、しかも、ちゃんとジェンダー・フリーの時代らしく、男女の「妓生」というのもわかるけど、少しはぐらいは恥ずかしく感じられないのか?
さて、ドナルド・トランプが、9月19日、初めて国連で演説することに、世界中の注目が集まった
そして、その演説の中で、今まで誰も言わなかった国連の矛盾について率直に触れたことには、正直、好感を持ったのは、東仙坊だけではあるまい。
①硬直した官僚主義化のために、何の機能も果たしていない。
②国連安全保障会議理事国に、人道的に問題のある国が平然とついているオカシサ。
③分担金の異常なほどのアンバランス。
そして、我が日本人を欣喜雀躍させてくれたのが、USAの同盟国に何かしたら完膚なきまでに叩きのめすということ、同盟国の日本の13歳少女が北に拉致され日本語の教師をさせられていることを明言してくれたこと。
もっとも、これをただヌカ喜びしていられないのが、我が国の現実。
そう、無能この上ないない我が脆弱な政府、とりわけ、無能の極みの我が国の外務省は、今まで一体何をしていたのか?
拉致問題もそうだが、それ以上のテイタラクが、USAでの慰安婦問題。
同じ、9月19日、カリフォルニア州サンフランシスコ市議会で、9月22日を「慰安婦の日」に制定する決議案が全会一致(欠席3人)で採択されたというから、日本人にとってメチャクチャ屈辱。
何しろ、9月22日はサンフランシスコ市議会で慰安婦像設置を促す決議案が採択されてからちょうど2年。
サンフランシスコ市議会市議11人のうちの3人が、根拠もなく、「慰安婦は『性奴隷』で、この日本の慰安婦制度が人身売買制度への道を開いた」と「慰安婦の日」決議案を共同提案したというのだから、日本人にとってはこの上なく不名誉。
どうだろう?
この2年間、我が日本の外務省は、何をしていたのか?
まさか、慰安婦問題は日韓政府間ではすでに決着ズミと放ったらかしにしていたのではあるまいな?
USAが「慰安婦の日」なる事実無根の日本非難の日を制定するなら、USA軍が我が日本で行った慰安婦への扱い、慰安婦の要求などをすべて暴露するばかりか?
我々はサプアと国交を断絶するから、USAの我が国と同様に同盟国であるサプアで何があっても一切協力しない。
とりわけ、ドナルド・トランプに、それを明言すべきなのでは?

If it is a civilized state, our country should also follow France that boycotted the Pyeongchang Olympics because we can not guarantee the safety of the players(文明国家なら、選手の安全を保証できないので平昌五輪をボイコットすると言い出したフランスに、我が国も追随すべき)!

To be continued...

腐乱した大和魂-1 ヒアリ化したサプアとは永遠に決別すべき!?


As long as Korea excludes ordinary people of “pro-Japanese”, it won't be normal(サプアは、「親日」の普通の人間を排除する限り、普通にはならない)!

東仙坊、いい機会なので、サプア人も知らない(?)正しい朝鮮戦争のプロセスを簡潔に検証しておきたい。
67年前の1950年6月25日、朝鮮戦争勃発。
すると、みっともないことに、勃発から1週間で、サプアは政府の拠点を、ソウルから、水原、大田、大邱、釜山と無様に転々と移動。
USSRが後ろ盾だったことは明白で、北には重装甲のUSSR製戦車がジャンジャン。
その圧倒的な火器の前になす術もナシ。
首都ソウルとその近郊は、北朝の怒涛の進撃にあっという間に飲み込まれる始末。
それはそうである。
ソウルは、まさに北と目と鼻の先。
今だって、北緯38度線の南北軍事境界線付近には、北の長距離砲など300門以上がソウルを標的。
これらが一斉に火を吹けば、ソウル市民100万人に死傷者が出るとか。
ともかく、首都ソウルは地政学的リスクがいっぱい。
もし戦闘が始まれば、朝鮮戦争時のように、漢江の橋を落とし、漢江を防衛線にする戦略を取ることも想定ズミ。
そうなると、ソウル市民は逃げ場さえナシ。
そ、そ、それなのに、ソウルでは、数年前からマンションの建設ラッシュに湧いているというのだから、これまたリアリティの全くの欠如。
東京の2~3倍という価格にもかかわらず、資産形成を夢見るソウル市民の間では、マンションの売れ行きが好調だというのだから、開いた口が塞がらない。
サプア人は北が休戦協定破棄を一方的に通告したことをどう思っているのか?
本当にリアリティのない国民だと思わないか?
それはそうだと思わないか?
サプアの保険会社だって、ほかの国の保険会社同様、戦争で家屋が損傷を受けても保険金を支払うはずもナシ。
それゆえ、ソウルの南東120㎞の地に「世宗市」を建設し、そこに首都を遷都しようとしたのが、従北派の盧武鉉大統領というから、ワケワカメ。
しかし、保守派の反対や2004年に出された憲法裁判所の首都移転違憲判決によって、遷都計画は頓挫。
ともあれ、サプアのソウル市民が右往左往、阿鼻叫喚の大混乱する間に、そそくさと根性ナシの文人の李承晩大統領はソウルを放棄。
そして、無策のまま、ひたすら逃亡。
その惨めさに、国民の不満と批判が集中すると、小汚い李承晩大統領政府がやったのは、すべての失策をヒトのせいにする得意の責任転嫁。
そのついでにようにやったのが、サプア現代史の最大のタブーとされる「保導連盟員」のスケープゴート的大量処刑。
ちなみに、「保導連盟員」とは、共産主義からの転向者や政治犯、その家族らを再教育するために加盟させた組織で、いわば政府に批判的な人々をリストアップした集団。
そのなかには、配給がスムーズになるという理由で、貧困層や素行不良な一般市民も多く含まれていたとも。
ともあれ、気の狂った李承晩大統領、北に簡単に敗退するのは、「ブラック・リスト」に載っている「保導連盟員」たち、いわゆる北に内通するスパイどもせいだと決めつけ、軍や警察に処刑するよう命令。
ようは、反対派を恐怖政治によって黙らせ、政府の失態をスパイの責任にしようという魂胆。
また、その「保導連盟事件」の犠牲者数には諸説紛々。
1960年、この事件の遺族会にあたる「全国血虐殺者遺族会」は、114万人が処刑されたと主張。
サプア政府の「真実・和解のための過去史整理委員会」を率いた歴史学者金東椿は、少なくとも6万人から11万人。
そして、北が国連軍によって北へと押し戻される際に、同様の規模で「南の協力者」の集団処刑を行ったと推測しているとも。
朝鮮戦争研究の第一人者延世大学朴明林教授は、1950年だけで20万人が処刑されたとも。
どうだろう?
サプアにだけは、我がカンパンゴ族を残酷な民族と言われたくないと思わないか?

Koreans should learn about their history from knowing that they are now thanks to the soldiers of Japan who were soldiers of the country(サプア人は、今あるのも日本の軍人だった救国の士たちのおかげだと知ることから、自国の歴史を学ぶべき)!


To be continued...

腐乱した大和魂-1 ヒアリ化したサプアとは永遠に決別すべき!?


For Korea who is deterred by mimicry skill of his good skill, it must be a pity relief to live a life(その得意のパクリ技術でデタラメな軍備をしているサプアのために、命を懸けるなんて真っ平ゴメン)!

サプアの致命的な欠陥は、軍備まで金をせしめるために自分たちのパクリ技術で何とかしようと考えることそのもの。
その結果が、「潜水できない潜水艦」、ニセ英雄の名を冠した214型潜水艦4番艦「金佐鎮」と、前回書き込んだが、そのデタラメはそれだけじゃない。
もともと、日韓併合反対だった初代韓国統監伊藤博文を殺害し日韓併合を後押したピンボケテロリスト「安重根(1879~1910年)」の名をつけた214型潜水艦3番艦も、メチャクチャ。
何しろ、開発元のドイツ企業の締め付け強度要求を満たさぬボルトをサプア企業がパクリ製造し、艦橋と甲板を固定するボルトが緩んだり折れたりしただけでなく、サプア企業製作の同じくパクリ「スクリュー・プロペラ」に151ヵ所の亀裂が見つかり、ドイツ製と交換するハメになったというのだから、世も末。
とにかく、一事が万事、そんな状態なのがサプアの軍備。
どうだろう?
アナタはそんなサプアと運命をともにできるのか?
東仙坊、絶対にゴメン。
では、なぜそうなのか?
それは、愚兄による賢弟への異常なまでの近親憎悪。
そう、何が何でも、日本にだけは負けたくないという異常なコンプレックス。
それを証明するのが、本物の朝鮮戦争の英雄、サプア陸軍、金錫源少将(1893~1978年)の存在。
ただし、サプアでそう扱えないのは、このお方が、大日本帝国陸軍幼年学校、大日本帝国陸軍士官学校の卒業生だったせい。
サプア成立後、師団長(准将)に任官された極めて卓越したサムライ。
朝鮮戦争勃発後のダグラス・マッカーサー元帥の「国連軍」総司令官就任後の軍議で、日本刀を仕込んだ軍刀の柄を叩きながら、「大日本帝国陸軍を破った男が大日本帝国陸軍を指揮するのか(?)。よろしい。大日本帝国陸軍が味方にまわればどれほど頼もしいか、存分に見せつけてやりましょう」と言い放った豪傑とか。
何でも、「国連軍」は朝鮮半島最南端の釜山に追い詰められ、敗戦濃厚。
首都ソウルを見棄て、いち早く逃亡したハワイでヌクヌクしていただけの日本嫌いの李承晩大統領はようやく、禁じていた大日本帝国陸軍の教育を受けたサプア人のみの部隊編成を裁可したとか。
すると、たちまち金錫源将軍の指揮する大日本帝国陸軍得意の突貫攻撃に、重装甲のUSSR製戦車を多数有していた北が後退。
そんなとき、このお方は、ある作戦を立てたとか。
そして、USA艦隊に連絡将校を派遣し、その作戦への了解を取りつけたとも。
もっとも、その際、部隊を置き去りにして敵前逃亡するサプア軍将校どもに腹を立てていたUSA軍は最初はその作戦の成就を信じなかったとか。
ところが、大日本帝国陸軍大佐だった軍歴に加え、1937~1945年の支那事変で2個中隊をもって1個師団を撃破しサプア人初の功三級金鵄勲章を授与していたと知るや、作戦遂行を決心したとも。
では、どんな作戦だったのか?
それは北をかなり押し返していたにもかかわらず、自らを囮にしてその北の大戦車部隊を海岸線に誘導し、追撃に転じた北を沖合からのUSA海軍艦隊の猛烈な一斉艦砲射撃で、一網打尽にしようというモノ。
その作戦が功を奏し、一気に形勢を逆転。
朝鮮半島が赤化される大危機を防いだだけでなく、金錫源は、その祖国サプアを守った紛うことなき「救国の士」になったとか。
し、し、しかし、歴史を捏造し、偽りの歴史を作ろうとするサプアの仕打ちは、ハンパじゃなかった。
その「親日」を理由に、「親日反民族行為者ブラックリスト」に載せ、予備役編入後に理事長を務めた高校の敷地にあった金錫源将軍の像まで撤去したというから、本当のデタラメ国家。
そして、そんな「親日」の英雄潰しは、当然のごとくこのお方だけじゃないというから、何をかいわんや。
どうだろう?
一体日本人の誰がこんな反日命のメチャクチャ国家のために命を投げ出すのか?

If we think that we wanna solve the problem by discussion, we need to have the world's strongest pinpoint defense and counterattack(我々日本が、話し合いで問題を解決したいと考えるなら、まず世界最強のピンポイントの防衛力と反撃力を持つ必要がある)!

To be continued...









profile

東仙坊 


人間通の東仙坊が、人間の弱気と恥ずかしい業が生む、情けなくてみっともない犯行を、徹底的に追及、究明。

■東仙坊 公式サイト■


■Mail■
ご意見・ご感想など
東仙坊へのメールはこちらから

■Link■
まさに介護は悔悟。
Kaigo Kaigo 会合リポート

最近の記事
カテゴリーリスト
カテゴリー
カレンダー
08 | 2017/09 | 10
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
月別アーカイブ
QRコード
QRコード
COUNTER
ブログ内検索
リンク
RSSフィード